こんにちは。

ベトナム大家です。

 

連日、外国人受け入れ法案が国会を賑やかしています。

外国人労働者を受け入れると、まるで移民のようになり

日本人の賃金が下がるだとか、治安が悪くなるだとか

議論されていますが、本当に的外れと言わざるを得ません。

 

単純に、留学生を単純労働者に切り替えればいい話です。

留学生であるかのように偽装してアルバイトするためには

年間100万のみかじめ料を日本語学校に搾り取られます。

これが犯罪の温床ということになぜ気付かないのか? と。

 

甘すぎるスポーツジム

デカモン(留学生を装った出稼ぎモンスター)が退去した後

よくポストに入っている書類のパターンです。

 

① iPhoneを分割払いで購入して夜逃げ帰国、auからの警告

② 引越しした先でも家賃を滞納して、保証会社からの督促

③ 健康保険料を踏み倒して、役所から口座の差し押さえ通知

④ 授業料を踏み倒して、日本語学校からの除籍通知

 

今回は、見たことのないパターンのものが入っていました。

 

「月額6450円のジム、11か月分の代金を踏み倒した」

というあり得ないことが起きたようです。しかも2人分。

 

生活が厳しいんだったら、有料のジムなんかに行かずに

公園でジョギングでもしろよ、という点はさて置き

なぜこのジムは後払いなのか? 意味が分かりません。

デカモン相手に後払いなんて許してしまったら

10000%踏み倒されるに決まっています。

 

後払いだけは避けるべき

「人の振り見て我が振り直せ」という諺がありますが

賃貸経営の世界では

人が被害に遭うのを見て我が守りを固めろ」です。

 

家賃の後払いを認めるとロクな結果になりません。

バイト代が入ったら払うと言われて待ってあげたら

バイト代が入った瞬間に夜逃げされたこともあります。

 

上記のジムなんて、きっとデカモンネットワーク上で

「タダで使えるジム」と拡散されていることでしょう。

もし、家賃の後払いなんてものを認めてしまったら

「タダで住める部屋」として拡散されることになります。