以前に中古物件調査は雨の日に行うのが良いとこのコラムでも書きました。

これは雨の日にしかわからない現象が発見できるからです。

雨の日の物件調査は新築現場でも有効です。

新築の場合は物件調査というよりも現場見学というべきでしょうか。

 

建築工事は長期にわたる工事になりますので、

どうしても「雨」による影響を受けることになります。

特に建物内部の構造体はできるだけ水を避けたいところです。

RC造やS(鉄骨)造であればそれ程気になりませんが、

木造の場合は一度水に触れると、

内部へ浸透してしまうこともありますので注意が必要です。

初夏などでは梅雨に入る前になるべく壁と屋根を施工したいところです。

 

しかし、壁や屋根ができた後でも窓や扉が付くのは後になります。

その間にもやはり雨は降ります。

通常の雨であれば建物内に多くの雨水が入ってくることはありませんが、

強風が伴ったり、雨量が多ければ開口部からの浸水は避けられません。

ここがポイントです。

このような雨水に対してどれ程の気遣いを行っているかが、

その施工を請け負っている建築会社の建物に対する「気遣い度」がわかります。

窓や扉の開口部をブルーシートで養生する等の対策が望ましいです。

養生してもどうしても雨水は入ってきます。これは建築中は仕方ありません。

しかし、そのあとの対応が重要です。

雨が上がった後、建物内の雨水を外へ排出する等の対策が望まれます。

 

私は以前、大雨の後の木造建築現場へ見学に行ったことがあります。

その現場へは前日に大雨が降り、次の日の午後に行きました。

現場の状況は既に壁も屋根もできている状態です。

しかし、建物内のいたる所の床には大きな水たまりができていたのです。

その現場の作業員(大工)はその水たまりを全く意識せず仕事をしていました。

せめて水溜まりの水を排除くらいすべきでしょう。

水を吸ってしまった木材は腐りやすくシロアリを呼ことにもなります。

 

更に酷い現場もありました。

その現場は台風が通った次の日に訪れました。

工期が遅れ気味で作業順位も滅茶苦茶な現場でした。

窓(サッシ)の施工されていない部屋の床材、壁材が仕上がっているのです。

そこへ台風がやってきました。

開口部は養生がしてあったのか、風で飛ばされたのかは不明です。

私が見たときには何の養生も無く解放されていました。

床材はカーペットの様なものが貼られていたのですが、

雨水でビショビショに濡れていました。壁も汚れていました。

当然これは張替えだろうなぁ、と思っていたのですが、

なんと!ここの監督は大きな送風機を持ち出して乾燥させています。

もう、呆れてしまいますね。

 

以上の様に雨に対する対策は、

その建築会社の建物施工に対する気遣いというものが見えます。

いくら営業マンが口で自社のアピールをしたところで、

現場の状態を見ることにより実態を見ることができます。

論より証拠!ですので、

新築を計画して業者選定を考えている方は、

候補建築会社の建築現場へ是非足を運んでみて下さい。

 

戸田 匠