こんにちは。福島大家です。

年末になり、あれこれと忙しくなりますね(気持ちだけかも)。

 このコラムを読んで勉強し、1年以上が過ぎました。とても為になる情報が多く、いつか自分もコラムニストとして情報を発信する側に回ろう!と思い続け、先日デビューする事ができました。

 コラムには、初心者大家さんの参考になるように、僕が不動産賃貸業を志した訳、実際に購入するまでに何をしたか、そして購入してから、と、時系列で投稿し、順番に読みやすくする構想でした。が、今回は予定を変更して投稿します。(なかなか思うように行かないものですね・・。)

サラリーマンには縁の無い確定申告

 思い起こせば去年の今頃は、初めての物件を購入し2か月ほどで年末を迎えた頃でした。そして、大きな課題として気にかかっていたのが、「確定申告」です!

 初心者サラリーマン大家にとって、「確定申告」は縁の無いテーマです。何をどう計算すればよいのか、税金はいくら支払う事になるのか、確定申告がもとで会社に不動産の事がバレるんじゃないか・・(←率直にはこれが一番怖いのですが汗)、心配要素が幾つもありました。

自分で申告作業をする事にしました

 たった1軒のアパートの為に税理士さんをお願いするのもどうかな、、と思い、ネット、書店、税務署での相談と、必死で情報を集めました。

 しかし!自分の物件の数字を当てはめて、サクッと提出できるような雛形は結局見つかりませんでした。税務署の職員さんに相談しても、「どのようにまとめるかは皆さんそれぞれの方法で・・。」との回答でした。(実は、この職員さんに教えてもらいながら作った帳簿には、大きな間違いが幾つもある事が後で分かったのですが。)

 最終的には、この職員さんの指導で作った帳簿を、町の商工会議所で開催されている税理士さんの無料相談会で(大きく)手直しし、申告会場で職員さんに手取り足取りパソコンの入力を教えてもらって、何とか、「はじめての確定申告」を乗り切りました!

 その後暫くの間は、会社の事務部門から問い合わせが来るのでは・・、とドキドキしていましたが、連絡が来る事も無く、今日に至っています。

それでは、確定申告の手順について確認してみます。

*ここからの記事は、すべて僕の場合の申告のレポートです。間違いもきっとあると思います。間違いの指摘は歓迎ですが、寛大な心でお願いします。また、御覧の方はあくまでも参考までとして下さい。完コピして申告し、ミスがあっても苦情は勘弁して下さいませ。

①まず、不動産賃貸業を始めたら、税務署で「個人事業の開業・廃業等届け出書」を提出します。(これで何となく一経営者になった気がします。)

届け出は開業から2か月以内、となっているそうです。私は心配性なので、物件購入手続きが終わった後、すぐに出向きました。

②税務署職員さんに青色申告をしたいと伝え、

・確定申告書

・平成□□年分所得税申告決算書(不動産所得用)

・はじめてみませんか?青色申告 ← 初心者向け手引書1

・帳簿の記帳の仕方‐不動産所得者用- ← 初心者向け手引書2

を受け取ります。

ここからが申告の準備作業です!

開業届が済んだら、あとは自宅でコツコツと準備作業をします。

申告の種類には、1:白色申告、2:青色申告(簡易簿記)、3:青色申告(事業的規模・複式簿記)があり、初心者大家が1棟アパートを所有した場合は、「2青色申告(簡易簿記)」が推奨のようで、それを選択しました。

僕は申告の為にまずはお金の計算が必要だと思い、「帳簿の作成」から始めました。

「帳簿」なんて無縁の生活で、お小遣い帳も付けた事の無い僕でしたから、理解に苦しむ事も多々有りましたが、手引書を参考に作りました。

最終的に僕が作ったのは、

①収入帳

②経費帳

③現金出納帳

④預金出納帳(金融機関ごとに3つ)

⑤固定資産台帳

これら5つです。

パソコンは苦手な方ですが、エクセルでまとめました。(紙に手書きした方が早い位なのですが・・汗)

帳簿を公開する前に、僕の条件の確認です。

・平成29年の帳簿です。

・物件は1DK×8戸のアパート、1,370万円キャッシュで購入(!)、1棟のみです。

では、順番は変ですが、②の「経費帳」から公開します!

ポイントは、

・現金、口座引き落としの両方を、費用の分類ごとに書き、合計を出す。

・物件購入時の諸費用(仲介手数料、登記費用、固定資産税日割り分)は「取得費用」なので経費には入らない。

 ➡実は、税務署職員さんに指導してもらい作成した段階では、経費にこの諸費用を入れて計算していました! ダメ出しは無く、てっきりそういうものと思っていた所、後日の税理士さんの相談会で、経費にできないと注意を受けたのです。(約80万円ですから大きいですよね!)

・領収書は、レジで貰う感熱紙の一般的なレシートでOK。(いわゆる領収書より、こちらの方が買った品目が入っているから良い)。僕はレシートに番号を書いてクリップで留め、封筒に入れて保存しています。

・「減価償却費」:今でも理解している自信が無いのですが、後日「固定資産台帳」でまとめてみます。

まとめ

すみません!1回のコラムで書き切れるものでは有りませんでした(汗)!

全て書こうとするといつまでも投稿できないので、ここで一度投稿して、次回以降、他の帳簿も公開して行きます。

くどいようですが、完璧な帳簿では有りません。税理士さんの相談もあくまで無料相談会の時間の中ですから、数字の一つ一つまで確認されていません。

宜しければご参考にして下さい!