私の所有物件はプロパンガスを使用しています。

プロパンガスはご存知の通り供給業者により、

定期的にガスボンベの交換を行います。

小型トラックにボンベを載せて設置場所の近くまでは行くのですが、

大概ガスボンベ置き場というものは正面には置かず、裏の方置くのです。

その関係でできるだけ近くまで車を入れたいという気持ちはわかるのですが、

無理をすると事故の元になります。

 

私の物件でもガスボンベ置き場は駐車場の一番奥に設置されており、

その場所は変形した敷地の為、奥へ行くほど敷地幅は狭まります。

そして先日そこではある事故が発生しました。

管理会社を通して、住人の方から、

「ガス会社のトラックがベランダにぶつかり、凄い音がした!」との連絡が。

やはり、ぶつけてしまったようです。

状況確認してもらったところ、

ベランダのR状に突き出た腰壁にが欠けているということです。

まぁ、損傷自体は大したことは無かったのです。

RC構造物はは丈夫なんだと再認識です。

木造や軽量鉄骨のベランダでしたら恐らく大きな破損になっていたでしょう。

 

まぁ、損害は大したことは無いのですが、

問題は連絡が管理会社からであったことです。

ガス会社からは何の連絡もありません。

私はそのまま、3日程様子を見ました。

しかし相変わらず何の連絡もありません。

恐らくガス会社のトラック運転者はバックレたのでしょう。

いわゆる当て逃げです!これは犯罪です!

その場で連絡をしてもらえれば、被害も大したことも無いので、

良いよ良いよ!で済んだかもしれません。

何の連絡もないということが問題です。

 

こちらから連絡してみました。

当然会社としては知らなかったようです。

事実関係を確認してから折り返し連絡をしてくれるということでした。

数時間して配送責任者という方から連絡があり、

事故の確認が取れたということで一応平謝りの電話がありました。

早急に修理をし、運転手共々一度お詫びに伺いたいとのことでした。

 

まぁ、本当に大した損害では無いので大ごとにはしませんが、

当て逃げするという行為は見逃せませんね。

今回はたまたま通報者が居てくれたからわかった事故ですが、

誰も見ていなければそのままです。

運転手も「会社に報告すれば怒られるから。」

と言っていたようです。

子供じゃないんだからそんなことを理由で取るべき行動じゃないでしょう。

ぶつけたのが建物だったから良いようなものですが、

これが人や車であったら大変です。

今回の一件で周囲に防犯カメラを付けたくなってしまいました。

大きな修繕が必要になる被害が発生した際に証拠は必要になるかもしれません。

本当はそんな物が要らない社会であれば良いのですが・・・。

 

戸田 匠