こんにちは。

ベトナム大家です。

 

日曜の夜、札幌の不動産仲介店で爆発事故がありましたが

この原因は、闇が深いことが明らかになりました。

 

法定の仲介手数料だけでは飽き足らず、広告料を要求し

さらに、不当な利益まで得ようとしたことが原因でした。

まさに、天網恢恢疎にして漏らさずと言ったところです。

 

4大ボッタクリ

私の提唱する不動産屋4大ボッタクリは

①家賃保証
②火災保険
③鍵の交換
④ハウスクリーニング

この4点です。

①保証人を取っておきながら、家賃保証料も払わせる
②高価な家財がない人にも、500万円の家財保険を強要
③原価3000円のシリンダーを、16200円で押し売り
④畳、障子、ふすまの1枚1枚に至るまで強制張替え

 

自分が5万円のバックマージンを得るためなら

相手に10万円の損をさせても構わないという考えで

不動産仲介業界は成り立っています。

 

火消ッシュ&ヘヤシュ

上記の4大ボッタクリ+αとして任意オプションなのが

⑤火消し剤
⑥消臭抗菌サービス
⑦24時間サポート

この3点です。

⑤原価1500円の火消し剤を、6480円で押し売り
⑥原価2000円の消臭スプレーを、21600円で押し売り
⑦まったく使わないサービスで、月額864円を搾取

 

これらは任意とは言え、最初から組み込まれていて

入居者が強く「No!」と言わない限り断れません。

今回の札幌で起こった事故は、この⑥番が原因です。

 

スプレーの仕入れ本数が多い店舗が表彰されるため

大量にスプレーを仕入れて、客に2万で売りつけておいて

部屋に行くのを面倒くさがって、スプレーを噴射せず。

 

そして、本部に空缶の数をチェックされたらまずいからと

その余った新品のスプレー缶、120本を処分していたら

室内にガスが充満し、給湯器から引火して爆発。

 

THE(やらず)ボッタクリ&因果応報

同情の余地ゼロ案件であることが発覚しました。

 

これを機に、⑤⑥⑦のボッタクリが(できれば①②③④も)

無くなって、家賃だけで住める世の中になることを願います。