こんばんは、『ポンコツおじさん』です。

前回からの続編で今回がラストとなります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

サラリーマン大家の傍ら、突然、雀荘を始めることにした私ですが、

どうにかオープンを迎えるに至りました。

ここまでの初期投資コストが70万円程度。

オープンとは言うものの雀荘は特殊な業種です。

商売の特性上、新聞広告や街頭でのティッシュ・チラシ訴求が難しく、

考えられるとしたら『近代麻雀』という雑誌や『麻雀王国』というサイトに

広告掲載するという方法が主です。

 

これは一定の効果が期待できますが、店舗キャパシティが4卓である点や、

投下コストを抑えたローリスクローリターンを経営方針としている点から

広告は一切無しでオープンすることにしました。

 

広告は横断幕看板とスタンド看板のみというわけです。

 

雀士というのは不思議なもので、麻雀をしない方にとっては見過ごすような、

雀荘看板でも自然と目に入ってくる生態だったりします。

 

ただし、さすがにオープン初日は4卓を満卓にしたいですから、

店長を中心に電話・メール告知をしました。

 

結果的にオープン当日は満卓となり好スタートを切ることが出来ました。

 

今考えると、オープン当日が売上面、モチベーション面においてピークであったのかもしれません。

 

売上については初月度が跳ね、翌月以降は低いラインで安定し、

毎月、経常利益がわずかに黒字という実績が続きます。

経常利益の黒字分については全額留保し、初期投資コストの早期回収を目指します。

その間、私の人件費はゼロとしました。

 

オープンして3カ月経過した辺りか少しずつ綻びが生じます。

 

一つは私の不満です。

従業員の働きが気になってきました。

 

『店長がフリー卓でお客様と麻雀を打つ時にタバコを吸う』

『トイレの清掃をしっかりと行わない』

『メンバーの女の子がカウンターに座り、長時間スマホをいじっている』

『店長が率先して仕事をしない為、指導が出来ない』

 

などなどですが、少しずつ店長に指摘をしているうちに、私のことを煙たがっている様子が感じられるようになります。

 

続いて、様々な問題が出てきます。

 

『月に数度、レジ金が合わず、1万円近くショートする日がでます』

『店長の遅刻が増えます』

常連のお客様に誘われ飲みに行った結果、遅刻との理由。

あまり特定客と親しくすると、新規客にとって敷居の高い店になってしまうので、控えて上手に立ち回るよう注意しますが、直らず。

『店長とスタッフの仲が悪くなります』

 

さらに、

『女性スタッフがお客と付き合いだした様子』

本人は隠しているようですが、支障が出てきます。

 

この頃になると課題山積みにより、私の店に居る時間が多くなってきます。

 

これにより、今度は私の家庭に影響が及びます。

妻や子供達から不満が出始めました。

 

 

オープンして10カ月程。

ここでギブアップ。

 

雀荘経営権を資産含めて店長に無償譲渡し、私は退くことにしました。

 

この間トータルでの経常利益は初期投資コストを上回っていますので、黒字ではありますが、私の人件費がゼロでのことです。

 

 

私は無能につき、

リスクをヘッジしながらトライアンドエラーを繰り返すことで、少しずつ成功確率を高めていく方法でしか前に進めないのですが、さすがに雀荘はやりすぎましたね、はい。

 

本日も駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

また、よろしくお願い致します。