●´∀`)ノ)) ♪ 皆様、今回もお読み頂きありがとうございます。地道Ingです。サラリーマンに融資がおりない、サラリーマン投資家に厳しい、個人投資家がいなくなった。そんな話を聞きますが!しっかり「スルガ銀行」にて「新規融資」を実行いただけました。要はやり方、考え方ではないでしょうか?改めて「フリーローンは最高の商品と思いました。コラムの続きをどうぞ!

それでは長らくお待たせいたしました『ローンに決めろ!「必殺バンカーバスター」』1年半、ローンとの戦闘を優位に進めてきました。殆ど「俺のターン」で連続コンボを決めまくり。

╭(๑•̀ㅂ•́)و 嵌め技でそろそろK.Oしようと思います。

①通常返済

②繰り上げ返済

③積み立て

収益は上記のように三分割していました。前回迄のシリーズ投稿でご理解頂けるように①②はローンへの攻撃(支払い)としていました。

今回、この③の項目と「元融資」と「新規融資」の「差異で生まれた現金」がローンとの戦闘を終わらせます。数字的には完済とならないのですが「毎月返済」の縛りから開放され、事実上終戦となります。

③の積み立ては、いつでも引き出すことのできる「現金」です。とりあえず150万円位チャージできたので、残債121万円のローンにぶつけてみようと思います。

この時、現金として借入金と相殺させると、当たり前ですが残金は29万円となります。

現金ほど威力のある武器はなく、単純に資金を崩しての「相殺」は有効でなく、「対銀行向けにも有効」ではありません。ではどうするのか?

150万円を定期預金に移します。そこから90%までは「自分銀行」*じぶん銀行ではない)として自分から自分へ融資します。

対銀行には150万円の定期預金としての現金は勿論、枠を残しつつ資金を有効に回します。

(。ŏ_ŏ。) そんなん返してしまえばいいじゃないか?

確かにそうかもしれませんが、あくまで考え方です。次回、独自の理論を展開、地道ing流実践コラムとしてご説明させて頂きます。

✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:* 次回『ローンに決めろ!「必殺バンカーバスター」』VOL.2