新年あけましておめでとうございます!!

 

当コラムをご覧くださりありがとうございます。

 

久しぶりの投稿になります。脱公務員大家と申します。

 

大晦日ということでいただいたテーマでもありますが、一年の振り返りをしてみたいと思い書いていましたら書き終える前に年を超えてしまいました(汗)

 

年を超えてしまいましたが昨年の振り返りと、そして最後にサブタイトルにもあるようにM-1グランプリから新年の誓いを立てましたので、長くなりますが最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

2018年3大ニュース第3位

 

第3位は、

 

公務員を脱(退職)したことです!!

 

今年の3月に10年間務めてきた、公務員職から一度離れる決断をしました。

 

この決断の一番の理由は、家族との時間を確保するためでした。

 

よく脱公務員大家という名前で活動していると、

「公務員をリタイヤしたいってことでつけた名前なんでしょ?」

 

と聞かれるのですが、「公務員=安定」という幻想から脱すべく活動している大家ということで「脱公務員大家」と名乗り始めたのが実際のところです。

 

実際にこの名前で活動することで、同じように公務員で将来に向けて危機感を持たれている方から多くコメントをいただく機会が増えたことも嬉しいニュースでした。

 

退職の決断をするにあたってはいろいろと悩むことも多かったですが、今はこの決断をしてよかったと心から思っています。

 

だからといって、

「みなさん不動産投資でリタイヤ目指しましょう!」

と啓蒙するつもりは全くなくて、本業のお仕事にやりがいと誇りを持たれている方は、辞める必要はないと思います。

 

本業がある中でも並行してできるのが不動産投資の大きな強みですので、十分本業をやりながら資産を構築していくことが可能だと思います。

 

別に収入源があることで、本業でのびのび仕事ができるようになったというお話もよく聞くところですので、そういった良さもあるかもしれません。

 

ただ、本業で苦しい思いをしていたり、家族との時間を確保していくために経済的な根幹を不動産事業によって築きたいと思われている方は、ぜひ頑張っていただきたいとも思っています。

 

 

2018年3大ニュース第2位

 

第2位は、

 

土地からはじめる新築不動産スクール開校です!!

 

多くの不動産投資家がデビューし、融資市況が活況であった背景から良い物件がなかなか見つからないレッドオーシャン化した市場において、多くの方と同じく物件を取得できず悩んでいた私が、

 

「ないなら作ってしまえばいいんじゃないか!」

 

という発想からはじめた土地からはじめる新築不動産投資法。

 

「自分もやってみたいが実際に動いてみると多くの問題にぶつかって困っている」

「いつでも相談できる環境だったり、仲間が欲しい」

 

といったお声を多くいただきまして、元教員という経験を活かして、満を持して土地からはじめる新築不動産について教えるスクールを開校しました。

 

楽待コラムの中でも高額塾やコンサルには厳しいご指摘があることは重々承知しておりますので、このような記事を書くとコメント欄で糾弾されそうですが、私も尊敬して拝読させていただいている他の著名コラムニストの方々にも

「それ自体が悪ではない」

というような見解を示されている方がいらっしゃいましたので、自分の中の今年の大きなニュースなのでそのまま書かせていただきました。

 

いくらからが高額なのかは、提供するサービスと捉える側の価値観にもよるので、ここでは議論しないとして、

 

「お金を支払う」「報酬をいただく」ことにより生じる責任や学ぶ姿勢における良さは確実にあると思っています。

 

無料の情報は言ってしまえばどこにも責任の所在のないものです。

 

発信する側もそこに大きな責任感をもっているかは甚だ疑問です。

(もちろん責任感をもって発信されている方も中にはいらっしゃると思います。)

 

受け取る側も「無料で受け取る情報だから」とある種その程度の情報という受け取り方をしている方が多いのではないかと思います。

 

その情報を活用する意識も、無料というだけで低くなりがちです。

 

また、その情報をもとに何らかの被害を被ったからといって、発信している側の人を責め立てる方はいますかね?

 

いたとしても発信している側からすれば、「これは無料で発信しているだけだからそこまで言われる筋合いないよ」と煙に巻いてしまうのが関の山ではないでしょうか。

 

不動産の情報も簡易的なものであれば、気軽にお伝えすることもできますがしっかり事細かにお伝えしようとなると、相応の時間なり分量が必要になってきます。

 

ギブ&テイクで情報を出し合ってという関係性は私も大事にしてますし、そういう関係性を大事にさせていただいている不動産投資家仲間の方もたくさんいます。

 

ですが、その方々に私のもっている土地からはじめる新築不動産のノウハウを全てお伝えするのは無理ですし、ピンポイントで困っていることを情報交換し合う程度です。

 

報酬をいただく以上、お伝えする内容とその伝え方には責任をもちますし、その報酬以上のものを提供できないと評判が下がり、廃っていくだけだという緊張感も常にあります。

 

学ぶ側もいいかげんな気持ちでなく、ある種投資と同じ感覚で、

「投資額以上のリターンを必ず掴んでやる!」

と前のめりに取り組むようになるものです。

 

賛否両論あると思いますが、受講した方の満足度が低ければスパッと辞める気持ちで臨んでいますので、歩いてきた後にできた道で自分自身判断していきたいと思っています。

 

 

2018年3大ニュース第1位

 

そして、第1位はなんといっても・・・

 

『「失敗のしようがない」新築不動産投資の教科書』の出版です!!

 

この出版が自分の人生の舵を大きく切るきっかけになりました。

 

この本を通じて私のことを知ってくださった方、

この本を通じてお呼びいただいたセミナー等で私のことを知ってくださった方、

 

この1年多くの新しいご縁をいただいたことに感謝しかありません。

 

今では、この本が自己紹介代わりの名刺となってくれています。

 

寝る間も惜しんで精魂込めて書いたことによる対価は、測ることのできないくらい大きなものでした。

 

頑張って書いたのでしばらくはこのご利益を有難くいただいて、これからも様々な方とのご縁につながっていけたらと思っています。

 

 

最後に・・・

 

前後の脈絡なくて恐縮なのですが、皆さんM-1グランプリってご覧になりましたか?

 

私、大のお笑い好きでして、コンテスト系は欠かさず見ているのですが、M-1グランプリはその中でも特に楽しみで毎年気合入れて観てます(笑)!

 

そして、今年のM-1グランプリの最後に審査員だった松本人志さんがこんなことを仰っていました。

 

「みんながチームプレーみたいな感じで漫才を盛り上げてくれてるのが・・・。おれ、おっさんやな。泣きそうになってるわ。ごめんなさいね。」

 

このコメント聞きながら自分も泣いてました。

 

漫才の1位を目指す大会ですから、周りはライバルで本来は蹴落とすべき相手なのですが、真剣に漫才に打ち込む中で、相手を敬い、自分のこともそうですが番組全体が盛り上がるようにとも自然と考えて熱く漫才をしている漫才師の方々を見て、松本さんも思わず心を打たれたのだと思います。

 

これは、不動産業界にも言えないかと。

 

自分の物件に入居してもらうことが第一ですから他の物件や他の投資家はライバルであり、蹴落とすべき相手なのかもしれません。

 

しかし、真剣に不動産業を極めていこうと打ち込んでいく中で、同じような志をもつ相手を敬い、共に成功していけたらと鼓舞し合い、結果として不動産業界全体が盛り上がっていけばいいなと思うのです。

 

不動産投資は本来は個人戦で孤独な闘いなのかもしれません。私も不動産業を始めた当初は一匹狼でどこにも属そうとしませんでした。

 

しかし、いがみ合うのではなく協力し合った方が成果が出やすい、集団戦にもなり得ると気づいてからはそのスタンスを大切にしていきたいと常々思っています。

 

2019年も共に高め合える仲間を大切にしていくことを年始の誓いとして、本日のコラムとさせていただきます。

 

本年も宜しくお願い申し上げます。