2019年になりました。

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

今年も両方の実家に顔を出したらお正月も終わってしまいました。休みなんて、あっという間ですね。時はたつのは早いもので、もう2019年になりました。

このペースだと気づいたら老人になっていそうです(笑)

 

 

まぁ、新年ということもありタイトルを『新年の目標』としてみました。お約束だとも思うので。

 

私の2019年の目標としては、堅実な運営を続けていくことになります。

 

目標を分解するなら、

 

・満室に近い運営を続けること

・低い経費率に抑えること

・税金対策をしっかりとやること

 

という感じになるでしょう。

 

 

2018年は、完全な満室状態にはできませんでした。いつも『あと一歩』のところで空室が出るモグラタタキ状態となってしまいました。

申込ベースの満室が一瞬あっただけです。

 

それを象徴するように、年末も1戸だけ空室の状態で2019年を迎えました。

 

物件は全部で7棟、65室です。そして、ほとんどが単身者用の木造アパートです。しかも、半分以上が3点ユニットバスの狭い部屋です。

ですから、ファミリータイプよりも入れ替わりが激しいのも原因でしょう。完全な満室を維持していくというのも難しいですね。

 

それでも、できることをやり続けて満室に近い運営を継続できればと思っています。

 

 

経費等に関しては、今まで通り自分で関わる部分や直接発注などを駆使して、低い経費率を維持していきたいと思っています。そうは言っても、あまりにも面倒になっては規模の拡大が難しいので、、、バランスを取りながらやっていこうと思います。

 

どうしても、築年数が進んでくると家賃が下落していきます。でも、かかる経費は変わりません。結果として、年々、経費率は増える傾向となるでしょう。しかも、今年は消費税も上がりますし。

そこを何とかしながら、イマイチな物件で儲けないといけません。持たざる者が成功するには泥臭くいくしかないですから。

 

昔は家賃3万円を切ったら利益が出ないのではないか?

と思っていましたが、やってみると十分に利益は出ます。どこまでなら大丈夫なのかを実験する意味でも、ちょっと面白いと思っています。新しく買った7棟目も家賃3万円を切っている物件です。

 

毎月の経費率もコラムで公開していきますので、そのあたりも含めて見てもらえればと思います。

 

普通の新年の抱負は。

だいたい、普通の不動産投資家さんだと

新年の抱負と言えば、●億円の規模にするとか、●棟の物件を買うとか、そういう数字で見える目標にすると思います。

 

でも、私の場合は、そういう目標はあえて立てません。

 

不動産投資では、儲かる物件でないといらないのです。

それがいつ見つかるのかは分かりません。見つかったら全力で買いに行きます。それが不動産投資だと思います。

 

買うための努力はし続けますが、目標にする気はないということですね。目標にすると、無理して儲からない物件でも買いたくなっちゃう気がします。

 

それよりも、自分が安全に買える規模はどのくらいなのかを逆算して、地道に純資産を増やしていく方が健全で楽しい投資ライフになると思っています。

 

だから、私の新年の目標は微妙なものになります。あまり見栄えが良くない、当たり前のことになります。そして、それで良いと思っています。

以上、2019年の目標でした。今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。