皆さんこんにちは!パテント大家ATSUSHIです。

 

本日は、「賃貸不動産投資には感性が重要!~最近私が感じた変化~」というテーマで、私なりの考えを綴りたいと思います。

 

ビジネス・投資における感性について

 

「感性」とは、一言で言って一体何なのでしょうか。

 

私が思うには、「感性」とはほんの少しの変化の兆しでマクロの動きを感じとる力だと考えております。

 

この感性に関して、私としては、

賃貸不動産投資においては、

感性は極めて重要

だと強く感じます。

 

また、加えて、

表題で言ってることと多少異なってしまうかもしれませんが、

感性が重要なのは不動産だけではなく、

すべてのビジネス・投資を成功させるために

やはり一番重要なのではないか

と強く感じる次第です。

 

年初の某人気テレビドラマの中で、農家の米の収穫時において、少しの雲の変化の兆しを見て大雨を予測し、多少の収穫減を覚悟で稲を大急ぎで収穫し、いち早く危機を脱するシーンがありました。

 

また、年末から年始にかけて株価が大幅に下落する日もあれば、一転して反発高騰する日もあったりと、まさに乱高下を繰り返してしています。

 

ここまで動いた今となっては、もうすでに変化の兆しどころではありませんが、「株式投資のプロ」たちは、乱高下のサイクルも「小さな変化の兆し」で読んでいたのかもしれません。

 

また、年初においては、豊洲市場でのまぐろの初競りで、約3億円4000万円に基づく大きな報酬を受け取る漁師さんのニュースが大きく報道されましたが、これもきっと潮目の変化の兆しを読んで、幸運を引き寄せたのかもしれません。

 

賃貸不動産投資には感性が重要!~最近私が感じた変化~

 

ところで、今年の年初も新年のあいさつメールやLINEが、私が懇意にしている不動産仲介業者さんからいくつか届いていましたが、その内容に関して、賃貸不動産投資を取り巻く環境の少しの変化を私なりに感じました。

 

昨年までは彼らは、

物件の探索をお願いしているエリアや取得条件に対して、

物件を紹介するのは依然難しいでしょう

などと言う、まさに

ネガティブな内容のあいさつコメントが多かった

ことを今でも鮮明に覚えています。

 

しかしながら、今年にいたってはその真逆で、

どんどん物件を探索し、

期待に応える提案をするので

お互い頑張りましょう!

と言うような、まさに

ポジティブな内容のあいさつコメントが多かった

ことに、私はすぐに気が付きました。

 

(当然、懇意にしている不動産仲介業者さんは、私の厳しい購入基準を知っているわけで、それ故に去年の新年のあいさつでは、「パテント大家さんの厳しい購入基準では、購入は難しいですよ」という思いを込めてのネガティブなコメントだったのだと思います。しかしながら、それが一転して、今年にいたっては、非常にポジティブなコメントだったのです。)

 

融資環境も正常化したことで、徐々に賃貸物件の市況も以前に戻りつつあるのか、売却物件の利回りが回復しつつあるなど言葉先行だったものが、

賃貸不動産投資市場における「実態の変化の兆し」を、

少しずつ、不動産仲介業者さん自身もリアルに感じられている

のではないしょうか。

 

特に昨年に関しては、気に入った物件に指し値をしても、全く相手にしてくれないなどの繰り返しでしたが、

今年からは少し期待できる

のかもれません。

 

確かに、何か月も売れずに不動産ポータルサイトに掲載され続けている物件ばかり見ていると、賃貸不動産投資市場の動きがゆっくりに見えてしまいます。

 

しかしながら、本当に儲かる物件は瞬時の判断が全てです。そのためにも私は、日頃から自分自身の感性を磨きいていきたいと強く思うとともに、それに向けて、不動産を取り巻く周辺環境へのアンテナをしっかり張っていきたいと考えております

 

物件探索をされている皆さん、今年は勝負の年になるかもしれません!

 

ともに頑張っていきましょう!

 

以上、本日は、「賃貸不動産投資には感性が重要!~最近私が感じた変化~」というテーマで、私なりの考えを綴らせていただきました。本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!