こんばんは、『ポンコツおじさん』です。

 

我が家は4人家族で妻と男の子、女の子がいます。

保育園に通う息子は遊ぶことが大好きで元気いっぱいです。

仕事が終わり帰宅すると、なにやら息子がソファーの上からクッションやらひざ掛けやらを放り投げています。

 

「何してるの?」と聞いてみると。

どうやら、ソファーが陸地で、そこから下は何も無い海が広がっているという設定で一人遊んでいるようです。

ソファーから降りると溺れてしまうようで、クッションを落として陸地を作っているそうなのです。

 

子供の感覚は不思議です。

自分の頭の中で不自由を作りだし、遊びにしてしまっているわけです。

(私が不動産投資に、のめりこんだ結果、生活苦でオモチャも買ってあげられないわけではありませんので。)

 

実は、この『ないない作戦』、私もよく用いる得意戦略の一つです。

私は不動産を購入しようと決めて、実際に購入するまでに7年間経過しました。

その7年間は『ボーナスないない作戦』で1万円札を4桁貯めました。

 

会社の転勤で独身1人暮らしの頃は『コンビニないない作戦』、コンビニで弁当などを購入せずに自分で料理を作りました。

 

不動産投資が始まり順調に推移し始めると『不動産収益ないない作戦』が有効でした。

 

ただの倹約生活と思われるかもしれませんが、似て非なるものです。

倹約の場合は、どうしても我慢を必要とする場面が出てくると思いますが、

『ないない作戦』の場合は『ない』ので、『ない』なりに楽しく暮らすアイデアが生まれたりします。

けっこう楽しいですし新しい発見などもあり、間違いなく生きるスキルが高まります。

そして、本当は『ある』ので悲壮感もなくゲームのような感じでもあります。

 

 

ただし、もしかすると少し副作用があるのかもしれません・・・

 

現在は、残債も減り借入金利も1%未満ですので特に意識をして『ボーナスないない作戦』はしておりませんが、『ないない作戦』を濫用してしまったことが原因なのか、物を欲しいという気持ちが極めて少なくなりました。

家族で買い物に行っても欲しい物が全く無いためショッピングの退屈さが表に出てしまい、妻や子供からクレームを受けることがあります。

 

 

本日も駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

また、よろしくお願い致します。