こんばんわ、サラリーマン大家のTAKAです。

ここのところ、確定申告に向けた作業に追われ、コラムを更新できず。少し目途がついたのでコラムを更新いたします。

本日は、住宅ローン不正のお話です。

1.住宅ローンで賃貸用不動産を購入

本日の日経新聞で、某ネット系銀行の住宅ローンが賃貸用不動産の購入資金に当たられたという不正があったという報道がありました。

以前にもコラムに書きましたが、金融機関では色のないお金で色をつけてお金を貸すことで、貸出金の管理をしているので、貸し出した資金を何に使うのかを非常に重要視します。

一時期力を入れていたフリーローンなどの資金使途を限定しない一部の商品を除けば、資金使途を限定して融資をするのが通常の銀行の融資です。

2.金利の違い

一般的にアパートローンよりも住宅ローンの方が金利が低い傾向にあります(変動金利で借りると住宅ローン控除を使えば、戻りがあるくらい低いです)。

金利が低い要因としては、アパートローンよりも住宅ローンの方がマーケットが大きく、審査も定型化されているといったほか、金融機関がローンの貸し倒れ(貸出が焦げ付くこと)に備えて引き当てるお金が少ないといった理由から、住宅ローンという商品を運営するコストが安いということが挙げられます。

この低いコストの前提は、逆から考えると、商品が定型化されている(=おんなじような内容の貸出を集めること)が重要であるため、ここに定型化外の貸出がまざると定型化の前提がくずれてしまいます。

3.おわりに

住宅ローンであっても、家庭環境の変化などのやむを得ない事情により、他の方に家を貸すということは例外的に許容されるほか、住宅ローンで賃貸併用住宅を買える銀行もあったりします。

また、おそらく個々の案件で、こっそり住宅ローンで建てた家を他の方に貸すといったことは昔からある程度は黙認されてきたようにも思えます。

そもそも建てた家に住まないで売る、反復継続的にヤドカリをやるといった極端なケースを除けば、個別の案件が問題にされるケースは稀かと思います。

しかしながら、今回新聞報道されるまでの事態となったというころは、おそらくどこかの業者が、住宅ローンを活用した賃貸不動産用の購入を派手にやっていたのではないかと推測されます。

今後は、住宅ローンを使って、賃貸用不動産を!的な業者には注意が必要かもしれません。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

(ご質問等あればお気軽にコメントください)