みなさま、こんにちは。投資家SAです。

そろそろ確定申告書を作成しないといけない時期になってきました。

みなさまは準備できておられますでしょうか?

 

確定申告書や法人の決算書は、自分で作成している方から、全てを税理士に丸投げしている方まで様々だと思いますが、基本面倒くさい作業なので自分ではやりたくないのが本音だと思います。

ただ、確定申告書や決算書はご自身の”通信簿”なので、他人事ではなく、大きく関わっていくことをお勧めします。

 

確定申告書も決算書も決算日前までが重要!

当たり前のことですが、結果が出てしまってから(決算日到来してから)あれこれ考えても遅いですよね(笑)。

 

厳密に言うと、決算日到来後でも計上する勘定の見直し等により結果が変わることもあります。ただし、それまで無策ですとなかなか思い通りにはならず、やはり決算前までの日々の対応が重要かと思われます。

 

具体的には何をすれば良いのでしょうか?

 

試算表を毎月作成する

決算日直前や、直後にまとめて(あわてて?)作業していませんか?

まずは、毎月試算表を作成し、必ず中身をチェックすることをお勧めします。

 

これをすることにより、予定通りの収支(損益)になっているか、前年同期と比べ異常値が出ていないか等々確認できますし、ある程度の期間が経過すれば決算の見込みも見えてきます。(当然、決算時に何もやってなくて慌てることもありません)

 

また、大規模修繕などの予定がある場合はそれが原因で赤字になるのか、赤字になるのであれば償却資産計上した方が良いのか、役員保険や倒産防にも加入した方がよいのか等々、早め早めに決算対策の手を打つことも可能になりますね。

 

何よりも、銀行提出資料として試算表はかなり重要な位置付けですので、毎月作成しておけばすぐに提出が可能になります。

⇒決算書はあくまでも前期の結果。試算表は今現在の業績推移であり、プロパー融資などでは業績確認・決算予測の観点よりかなり重要視されます。

 

会計ソフト活用のススメ!

私自身ですが、税理士の先生にお世話になってはいるものの、基本、会計ソフトへの入力は毎月自分で行っております。(分からないところの問題解決、実際の申告等について税理士にお願いしています。)

 

”面倒くさい”といえばそうなのですが、自分で入力することにより毎月試算表が月末までには粗々ですが出来上がっており、自分の財務体質がリアルタイムで把握できるのでメリットは大です。

 

また、自分で仕訳等をすることにより、よりファイナンシャルリテラシーも高くなります。(最終的に作業を人に任せるとしても、自分が知っているか否かで大分変ってきます)

 

ちなみにソフトの使い方ですが、やってみるとそれほど難しくはありません。詳しい話は割愛しますが、やっていくうちにコツがつかめてくる感覚ですね。(不安でしたらBOOKOFFで簡単な簿記の書籍を購入すると良いかもしれません。)

 

まとめ

確定申告書も決算書も、まずは日々計画的に進めていきましょう。(毎月試算表は作成しましょう)

 

試算表を作成したら、中身をチェックし、早い段階からどのような決算にするのか(したいのか)考える癖をつけましょう。

⇒場合によっては銀行担当者と議論を交わしてみましょう!

 

すでに組織化されている方や、物件数が多く物理的に自分一人では難しい方でなければ、一度会計ソフトをご自身で使ってみることをお勧めします。(ご自身のファイナンシャルリテラシーアップします)

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。それでは!

投資家SA