毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

毎週月曜サバイバル大家、クソ物件シリーズ、漫画6-

 

サバイバル大家の裏話・後書き

不動産投資の世界に限らずビジネスの世界は、信義則もありますが何にしても契約ありきの世界です。契約書は争いを事前想定して結ぶものです。

読者の皆様は契約書を事前に読み込んで、記載された内容とそれが法的にどうなるのかキチンと理解されていますでしょうか?

 

・契約内容に納得がいかなければ「断る」選択肢を持つ

雰囲気や口約束に流されて契約(署名・捺印)は愚の骨頂!

★どんな納得いかなくても署名捺印したら納得したのと同じ

<具体的には>
・署名がなくとも印鑑だけで十分証拠能力あり
・後日の差替は自分を裏切れない相手でない限り絶対NG
・契約書はわからなくてもキチンと読み込もう!
・最悪は…「断る」選択肢を持とう!

契約にまつわる法務知識はそれ単体でも不動産投資リスクをかなり低減させる代物です。理論武装(契約に関して)がしっかりしているというだけで、不動産業者からは変に騙しにくい人種と見えます。

不動産投資の初心者時代でも納得いくまで署名捺印はしない…最悪は「断る」選択肢を持ちましょう! 

 

 

不動産投資は投資でなく事業です。

 

投資≠事業

 

と強調するのには訳があります。それは上記にも記載した通り知識・経験によってリスクを自分でコントロールできる違いがあるからです。

 

<株式やFXなど投資の場合>

買った瞬間に●円
売った瞬間に●円

という価値が確定してしまう。

 

<不動産投資など事業の場合>

Aさん(理論武装あり)にとって安全な取引@
Bさん(理論武装なし)にとって危険な取引@

と相対での価値であり経験値によって危険〜安全と変動する。

 

これをサバイバル大家はリスク許容度とよんでいます。

 

リスク許容度というのは例えれば、ドラクエで旅を始めたばかりなのに…

・アルフガルドからスタートするのか
・アリアハンからスタートするのか

 

誰もが最初は初心者ですが、そこからキチンと基本を積み重ねていくのかでレベルアップの度合いは違います。

サバイバル大家のように運よくトラブルを切り抜けるのではなく、賢い楽待読者は事前勉強を怠らず契約に臨みましょう〜!

毎週月曜サバイバル大家、告知エンディング2、漫画

毎週月曜サバイバル大家