こんにちは、新築 高利回り大家の比嘉です。

 

楽待のコラム、すげー久々です。

アカウント削除されていなくってよかったです笑

 

一応、投稿していなかった時期にも

新築物件を完成させて、すぐ満室にするための客付け活動したり、

新規事業をスタートして、トライ&エラーしてみたり、

築古RCの再生に初めて取り組んでみたりと

事業家としての活動はしておりました。

 

しばらく投稿しなかったので、投稿してみたい内容がいくつか溜まったおり、

コラムは書いていこうかと思います。

やるからにはまたランキング1位取りたいけど、

あの時の情熱をもって今はできませんが。。。

 

目標・目的設定が今は定まりませんが、

書くからには読んで頂く方に意味があるものを。

 

さて、久々のコラムですが、テーマは「入居率UP」です!

 

「入居率UP」ってテーマだけで何本もコラム書けそうですが、

今回は久々のコラムで初めて読んで頂ける方も多いと思うので、

私の経歴も含めて書かせてもらおうと思います。

 

No.1になったのは営業ではなく○○にこだわったから

 

私は自慢のようによく

「サラリーマン時代は200人中NO.1営業マンになり、

 50店舗中NO.1店長になり、7エリア中NO.1マネージャーになって、

 その後、独立して、初月から黒字を達成し、1年目から

 東京都大田区150社の中で常に1~3位の賃貸仲介の会社を経営している」

といったことを言っています。

 

上記を伝えると、

「比嘉はすごい営業マンだったんだな」と思ってもらえます。

 

ただ、営業の世界に長くいたのでわかるんですが、

「天性の営業マン」って本当にいるんですよね。

私は残念ながら、その「天性の営業マン」ではありませんでした。

 

「天性の営業マン」のマネを一生懸命しましたが、

空回るばかりで、どうにも無理だったんです。

 

では、そんな私がどうして成果を出せたのか?

それは「営業」もこだわるのをやめて、

「反響(問合せ)」にこだわったからです。

 

「営業」ができなくても「反響」で部屋は決まる

 

入社した時は「営業でNO.1になる!」

といった熱い思いを持っていました。

 

ただ、たくさんの営業マンを見てきて思ったことは

「こりゃ俺のコミュニケーション能力では勝てないな」

ということでした。

 

でも、どうしてもNO.1になりたい。

 

そこで、思ったのは

「反響を倍にすれば、営業成績で勝てるのではないか?」

ということでした。

 

そこで、「営業力UP」に注ぐ努力を「反響UP」に切り替えました。

カッコ良く言うと「ネットマーケティング」ですね。

 

「どうやったら反響が鳴るのか」をトライ&エラーしまくり、

数ヶ月で他の店舗の2~3倍くらいの反響が鳴るようになりました。

 

他店舗の2~3倍くらいの「反響」を得ることができれば、

多少、「営業力」が劣っていたところで、

バンバン契約が取れ、売上は余裕で1番でした。

 

そう、部屋を決めるのに必要なのは

「営業」よりも「反響」の方が重要だったんです。

 

投資家として考えるべきこと

 

賃貸仲介の会社において最も大切にしていることは

「いかに反響を多く獲得するか?」です。

反響数が最も成約数(売上)にかかわってきます。

 

これを大家に当てはめると

「いかに自分の物件の反響を多く獲得するか?」です。

 

自分の物件への反響が3件から6件になったら、

圧倒的にその物件が決まる確率は上がりますよね。

 

これ、考えている方、ほとんどいないと思います。

 

100人の投資家に

「物件の反響が鳴るようにするために何をしていますか?」

といった質問をして明確に答えられる人は

1~2人くらいではないでしょうか?

どう転んでも5人はいないと思います。

 

だから、意外と簡単にアベレージの倍くらいの反響は得ることができます。

 

それができれば、それだけで95%以上の投資家がしていない

「入居率UP」のための重要な施策をしていることになります。

 

もちろん、前記した通り、「入居率UP」はそれだけで

何時間も話し続けられるほど、奥が深いものではあります。

ただ、「物件の反響を鳴らす」は間違いなく重要事項の1つであり、

かつ、そのための努力を投資家はほぼいません。

 

「ほとんど誰もやっていないから、自分もやらない」

ではなく、

「ほとんど誰もやっていないからこそ、やる!」

という選択ができれば、きっと周辺入居率よりも

高い入居率で物件運営は可能になると思います。

 

ぜひ、後者の考え方をする投資家であってください。

 

今日は長くなったので、明日、具体的に

「物件の反響を鳴らす」にはどうすればいいのか?

について書いてみようと思います。

 

長文、読んで頂き、ありがとうございました。

 

※やはりコラム書くの、時間とエネルギー取られますね。

 これを続けられる方はマジで超人です。

 

【今日の教訓】

「入居率UP」のために

「物件の反響を鳴らす」はすごく重要!