皆様、お元気ですか?

二代目大家かずみです。

私のコラムをお読みいただき、ありがとうございます。

 

前回のコラムは、不動産投資ビザに合わせて、

少々お高いお部屋の紹介になってしまいましたが、

今日は、サグラダファミリアの近隣では

一番安いお部屋のご紹介!

 

なんと、80890ユーロ!!

いわゆるワンルームですね。

14㎡なので、狭いですが、コンパクトにまとまっています。

キッチンには、オーブン、電子レンジ、ディッシュウォッシャーまで

揃っています。

バスルームもきれいです。

シックな外観。

内側から見た玄関。

エレベーターです。

ヨーロッパのアパルトメントでは、

建物が古いので、螺旋階段の中央部分を利用して、

エレベーターを設置することが多いです。

地図で場所をご紹介したいのですが、限定されるのを避けるため、

「この辺だよ~~~」という地図しかありません。

大体サグラダファミリアまで、歩いて5分くらいでしょうか?

そんな場所です。

 

購入時の諸費用は、11125ユーロ。

合計で、92015ユーロです。

130円で計算すると、11,961,950円。

この金額なら、夢ではありません。

がんばれば、手が届きそう??

 

自分が年取った時、どういう生活をしたいのか?

それも、不動産投資をする上で、考えておくべきこと

と思っています。

とりあえず、自宅以外に海辺のマンションの1部屋、

そして、自己使用しなくてもいいので、

海外に1部屋を確保したいと思っています。

ですから、海外不動産について勉強中。

数字を追いかけるだけでは、空しくないですか?

 

ここで、前回書いた、

なぜ円で借りるのは、避けた方がいいのか?

について説明したいと思います。

説明しやすいように、

価格100,000ユーロ グロス利回り6%

という設定にしたいと思います。

130円で計算すると、

13,000,000円です。

これを、20年1.5%で、90%で、

11,700,000円のローンを組んだとします。

私が知る限り、日本で実行可能なローンを見ると、

これが最大限のようです。

月額の返済は、56,458円です。

家賃は、計算すると、年間6000ユーロ 月額500ユーロです。

130円で家賃を計算すると、65000円。約8500円残ります。

しかし、これが、120円に下がってしまうと、60,000円

110円で、55,000円

赤字です。

この部屋の金額が低いので、未だ差額は大したことありませんが、

金額が高額になればなるほど、差は開きます。

さらに、為替で問題なのは、担保の評価が下がることです。

130円では、13,000,000円ですが、

110円まで下がると、11,000,000円です。

借りている金額以下です。

この場合、

その差額を内入れせよ

と金融機関から言われる場合があるそうなのです。

この例では、差額が大したことないのですが、

最近見た物件例では、

億単位の金額の物件に90%の融資

というケースもあり、

こういう場合は、最初から多めの頭金を入れた方が、

為替に大きな変化が起きた場合、安心かと思います。

ですので、多めの頭金を入れて融資を受けるか、

キャッシュでの購入をお勧めする訳です。

 

また、スペインに限らず、海外不動産を購入する場合、

まずは最初に手ごろな1部屋を購入し、

その家賃を貯めておきます。

その後、次の部屋を購入すれば、現地の金融機関に対して、

融資の申し込みをする際に有利に働きますから、

最初は無理をしないことです。

こういう事は、日本の金融機関でも同じですよね?

 

海外不動産の広告でも、

金利1%台90%融資可能

なんてうたってますが、簡単に飛びつくのは危ないです。

ここまで、とりあえず、海外不動産を購入したい私が

お勉強したことです。

参考になれば、うれしいです。

 

今日も、私のコラムをお読みいただき、

ありがとうございました。