皆様、お元気ですか?

二代目大家かずみです。

私のコラムをお読みいただき、ありがとうございます。

 

昨日、東京新聞に気になる記事がありました。

タイトルは、

関東地銀8割 手数料増 マイナス金利 融資低調で

というものです。

以下が、その概要です。

******************************

 日銀がマイナス金利の導入を決定(二〇一六年一月)して以降の手数料について、関東を地盤とする地方銀行に本紙が質問したところ、振り込みや両替などの顧客業務で手数料の新設や引き上げを行った銀行が、回答した十三行中、84%にあたる十一行に上った。対象業務は延べ五十二件。超低金利政策や人口減で本業の貸し出しが伸びず、顧客からの手数料収入を増やして経営悪化をしのごうとする地銀の姿勢が浮かんだ。
調査は関東地方の全地銀十五行を対象に行い、一六年一月から昨年九月までの間で、手数料を新設・引き上げた業務について聞いた。
 手数料を増やした業務では、振り込みでの実施が八行と最も多く、次に両替の七行が続いた。さらに住宅ローンの借り換え、残高証明書の発行手数料のほか、現金引き出しの際「硬貨や紙幣の種類ごとの枚数を指定すると追加手数料をとる」などもあった。引き上げた金額幅も、預金口座振替で一件当たり五十四円上げた事例から、アパートローンの実行手数料で五万四千円を新たに取るものまで広い。

******************************

そして、値上げした銀行とその内容が以下です。

昨年9月の調査だそうです。

つまり、その後、不動産融資はきつくなったと言われている訳で、

現在の業績はどうなのか?

とても気になります。

 

ごく普通に考えれば、

担保

という発想を好む金融機関は、

保全が可能だったら、貸す

つまり、今までのように、

業者とつるむ
無理なオーバーローンやフルローンを出す

などでなければ、普通に融資はするのではないでしょうか?

以前は、物件の7割の融資が普通でした。

諸費用が、約7~10%と考えると、

4割弱のキャッシュが必要ということです。

あるいは、キャッシュがなくても、

代わりに保全ができれば、

つまり、充分な担保があれば、貸し出す

そんな気がしてなりません。

特に、この2月、3月、

気に入った物件さえあれば、交渉の余地は

あると思ってしまいます。

 

掲載した表の中には、ヒントが詰まっている気がします。

 

今日も、私のコラムをお読みいただき、

ありがとうございました。