なんか、先日、久々に、コラムを書いてみたら、コメント色々ありがとうございます。

 

すでに忘れ去られた存在(笑)になっているんじゃないかと、ちょっと不安になってましたw

 

うつ病大家です。

 

今、日本中で話題になっている人といえば

「菊池雄星」

ですよね!?

 

と勝手に、決めつけて話をしたいと思います。

 

 

高卒でメジャーではなく日本でプレイする事を選んだ

菊池雄星と言えば、大谷翔平と同じ、花巻東高校の出身。

 

花巻東高校の監督は、菊池雄星を見て

「これは、10年に1人の逸材だ!」

と感じたようです。

 

しかし、菊池雄星が卒業して、入れ替わりに大谷翔平が入学。

 

「また天才が現れた!」

と驚いたようです。

 

この2人が入学してきたら、確かに驚きますよね。

 

 

そして、大谷翔平が、高卒でメジャーに挑戦すると発言し、話題になりましたが(結果的には日本ハムでプレイしましたが)それ以前に、菊池雄星も高卒でメジャー挑戦をしたいと言っていたんです。

 

しかし、周囲の反対などもあったのでしょう。

 

日本のプロ野球でプレイをする事を決断し、日本に残ったんです。

 

 

菊池雄星が高卒メジャー挑戦をしたら成功していたか?

仮に、彼の希望通り、高卒でメジャーに挑戦していたら、菊池雄星はせいこうしていたでしょうか?

 

答えは

NO

間違いなく成功はしていなかったでしょう。

 

実力的には申し分なかったと思います。

ただ、菊池雄星はプロ入り後

5年間は、1軍での勝利数が、各シーズン1桁だったんです。

 

1シーズンで10勝以上上げたのは、6年目以降の話なんです。

 

要するに、6年目までは、そんなにパッとしなかったんですね。

 

 

理由は色々とあります。

 

まず、故障が多かった。

 

これは仕方ないことだと思います。

 

高卒で、まだ体が出来上がっていなかったんでしょう。

今の写真と、ルーキーの時の写真を比べて見てもらえれば、体の大きさが明らかに変わっています。

 

 

決して日本での成績は華々しくはない

そして、菊池雄星の日本での成績は決して華々しくはないんです。

 

日本でプレイした8年間。

 

・2桁勝利が3回(2016-2018年)

・最多勝が1回 (2017年)

・最優秀防御率が1回 (2017年)

 

これだけなんです。

 

数字として、悪くは無いのですが、決して、ぶっちぎりでスゴイ!

と言うわけではないんです。

 

 

菊池雄星の武器はなんだ?

じゃあ、菊池雄星の武器は一体何だ?と言うのを考えてみましょう。

 

左腕で、あそこまでスピードが出る投手がいない。

これが、一番の武器ではあります。

 

また、サイドスロー気味の投球フォームのおかげで、ボールが投げ込まれる角度(ボールの軌道ですね)がいいんです。

 

これは、大きな武器です。

 

 

さらに、注目して欲しいのは、ランナーを出した時。

 

クイックモーションで投げるのですが、このクイックが早いんです。

 

左利きと言う事もあり、一塁にランナーは非常に盗塁が難しいはずです。

 

結局、菊池雄星はメジャーで活躍できるのか?

これは、間違いなく、できるはずです。

 

昨今の野球は、投手を大事にする傾向があります。

球数に注意しながら起用し、負担、怪我を減らす方向になっています。

 

なので、勝利数こそ、10勝程度になる可能性はありますが、それ以上の仕事をしてくれると思います。

 

勝利数のみをみないで、防御率や、何イニングおさえたか?何イニング投球したか?

これにも注目をして見てやって下さい。

 

花を開かせるのは誰か?

プロ野球選手も不動産も、花を開かせるのは誰か?

それにかかっていると思います。

 

例えば、菊池雄星は、西武ライオンズに行って、正解でした。

日本球界が、彼を育て、そして、メジャーへ送り出してくれました。

 

 

そして、不動産は?

僕はやった事ありませんが、古民家再生や、築古物件を再生させて、収益化させている例は沢山あります。

 

ポテンシャルを見極めるだけでなく、それをどう活用するか?また、何が強みで何が足りないのか?

 

不動産も選手と一緒です。

 

才能を見極め、その才能を引き出す。

 

 

それが監督=大家さんなんですね。

 

 

はい!

ほとんど野球の話でした!

 

 

要するに、菊池雄星がんばれ!って事です!w