こんにちは。

今回のテーマは、「あなたの入居者は、どんな保険に加入していますか?」です。

 

大家さんの多くは、入居者を客付してくれた不動産会社にお任せしていることが多いと思います。

補償内容までは…。

わからないですよね。

法人契約だと企業の包括保険の場合が多いですが。包括保険の場合は、火災保険のみの場合が多いです。

本来は、賃貸住宅には、家財保険の方が使用頻度が高いのです。

 

最近は、賃貸入居者向けの保険も進化しています。

今は、火災保険+家財保険+個人賠償保険=賃貸入居者保険

 

賃貸住宅で最も多い事故は、設備破損です。

ガラスが割れた、洗面化粧台が破損したなど。

 

次に多いには、水濡れ事故です。

洗濯機のホースが外れた、トイレの水が止まらないなど。

 

そして意外に多いのが盗難です。

賃貸住宅は、さまざまな人が出入りするために、狙いやすいのでしょう。

現金、TV、ゲーム機の盗難が断トツです。

現金被害は、十万単位が多いですが、数百万円なんてこともあります。

中には、下着とか…。年に数件あります。

 

個人賠償保険の利用もよくあります。

入居者のお子さんが、飲食店で物を壊したとか、自転車で止まっている自動車を傷付けたなどの損害賠償請求です。

 

賃貸入居者向けの保険は、賃貸住宅を借りるときは、仕方なく加入する方が多いですが、保険で対応できたときの入居者満足度は非常に高いのです。

また、物件の備え付け設備が保険対応で新しくなることは、大家さんにとってもメリットです。

仲介不動産会社さんに入居者向け保険をお任せでも良いですが、何かあった際に最終的に損害を受けるのは、大家さんですから、入居者さんが加入している保険の内容くらいは、教えてもらいましょう。

私の経験で、無保険で火災を起こした例もあります。しかも、お金がなく、補償もできない状態でした。最終的には、大家さんの火災保険を使いましたが、下階の入居者への補償までは、ありませんでした。

もし、入居者向け保険に加入していれば、問題なく対応できていたことでしょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました😊