確定申告、ようやく準備完了…

ここ数年は1月中旬頃までには全ての書類を準備して、あとは提出するだけ…

というような感じで用意していたのですが…

今年は目の調子がよくなく、書類を見るのも帳簿をまとめるのも避けて放置してしまってました。

ただ…やらなきゃいけないことを残していると気になってしょうがないので…覚悟を決めて(大げさ)こもって準備しました。

以前の見込みでは所得額(年収ではありません)が控除額より少なくなり

今回も所得税の納税は無しで、少額ですが源泉徴収分が返ってくると思っていたのですが…

最終的にまとめると余裕のプラス(納税あり)…(;一_一)ありゃ

・・・

今年度はエアコンや暖房機とかの高額な交換や退去も何度かあったし…

北海道は10回、他にも北陸(金沢2回)や四国(4県一周)や九州や関西も行って経費にしてるはずだし…

(ちゃんと物件リスト作って見に行って写真撮ってきてるので問題ないかと)

 

…マイナスにしてもしょうがないと思って、今年度(昨年)購入した物件のリフォーム代などの修繕費を一括での経費計上をせずに、全部その物件の所得費用にして減価償却に入れたのですが…

(大きな金額ではないので一括経費計上もできますが、物件所得した年に行ったリフォーム代は物件購入の費用に上乗せして所得費用にして分割することもできます)

・・・

副業?でいくつかの事をやってますが、申告が必要なのはAとD(たぶん)

副業Aの収入が思ってたよりも多かった(気づけよー)

・・・

うーん。どうしよう。

なんか交通費が少ない気がしたので見直しましたが大きいのはちゃんと計上されてました

(飛行機はオールLCC、他は夜行バスや青春18きっぷ、宿泊も1泊2000円台とかでケチり過ぎたのでw)

遊びに行った○○温泉とか台湾旅行を計上するのはムリだし。。。

あっ。

購入に至らなかった調査の交通費がいくつか抜けてました。(北関東とかまで戸建とかアパートとか結構な回数見にいってた交通費をスマホの写真を確認しながら入力)

あとは…

細かい振込み費とかの抜けを入れ込んだものの大した影響はなく。

所得費にした修繕費を戻しても足りないし…今後のことを考えると戻したくない。

…副業Aの収入を減らすしかないかな。。。

 ⇒勤務先に迷惑がかかる可能性があるし不正なのでダメ

・・・

ギブアップw

数年ぶりに所得税の支払いをします。

(※追記)

ちょっと誤解を招いたようなので追記を…カッコつけて所得税を支払うとは言ってますが数千円程度です(恥ずかしくて金額は書けませんでした…汗)

 

節税をするなら年度中に想定しての対処が必要…

今回の私の場合は副業Aの見込みを昨年中に集計して、所得額を計算していなかったのが誤算の原因でした。

まあ、

無理して経費を使うのは本末転倒で必要ない経費を使うなら納税した方がマシ

なのですが…

購入すべき物や修繕すべき所がある時は、所得が大きくなる見込みがある年度内に経費として計上できるように対処するという行動も節税には必要ですね。

・・・

今年は正月旅行…じゃなくて正月期間の地方都市調査もインフルエンザ&空室対策で行けず…空室も多い状態で収入も経費も少ない状態のスタートですが…

さすがに青色申告10万控除じゃどうにもならなさそうなので、(せっかく戸数では事業規模になっているので…)まずは複式簿記で65万控除にするのが先決ですね。面倒だけど控除額55万の違いは大きい。。。

・・・

セールで格安航空券が運よく買えて遊びのつもりで行こうと思ってた“南の島”への旅行もちゃんとリスト作って現地の物件を見てくることにしますw

規模があまり大きくない個人事業主やサラリーマンの副業の場合は、自分で確定申告することによって色々と自分の判断でコントロールできることもありますし得ることも多いです。(不正や説明できない経費計上はダメですよー。)