今年は寒かった…

先日入居が決まった物件。

入居日当日朝にTEL

ちょっと寝ぼけた状態で電話に出ると、管理会社の担当者からでした。

いつもテンションが低い人ので良い話なのか悪い話なのか分かりづらく…でも、この日のこの時間なので何かあったのかなとは思ったのですが…

・・・

担当者⇒○○マンションのことで…

 私 ⇒今日、入居日ですよね。何かありましたでしょうか?

担当者⇒北ガスさんが開栓をしたところ凍結してまして。。。

 私 ⇒マジですか?水道は水落とししてたはずなんですが。

担当者⇒水道管は調査しないと分からないのですが

    給湯器の中が凍結して逝ってしまったようです

 私 ⇒あちゃー。。。

担当者⇒お風呂とかキッチンとかの水道は大丈夫なのですが、給湯が使えないのでどうしましょ?

 私 ⇒今日から入居ですし、修理でも交換でも早い方で対応お願いします。

担当者⇒承知しました

 

結局、水道は全て大丈夫だったのですが、給湯器は交換することになってしまいました。。。ちゃんとした金額はまだわかりませんが10万は軽くオーバーするでしょう。

一度も現地に行ってなければ管理会社か前退去者が対策(水落とし)をちゃんとやってなかったのでは?と言えなくもないのですが…

今回は私が行ってパッキン交換をした時とかで水を使ってるので、その時の水落としがきちんとできていなかったのが原因でしょう。

確かに最後は時間に追われていたので、給湯器の水落としが完全にはできてなかった可能性は大です。。。

DIYで予防したはずなのにかえって入居者さんに迷惑かけてしまうとは。。。

 

メリットが地域によってはデメリットになることもある

この部屋なのですが、北海道で所有している物件の中ではぶっちぎり!?の築浅(とはいっても20年オーバーですが)です。

以前、地下鉄駅1分好立地、築35年、大型マンションの物件の買付を入れた時に

「この部屋は壁がRCなのに薄くて、やたらと室内の給湯器が凍結するので止めた方がいいですよー。」

なんてアドバイスをもらって購入を見送って(というか負けたw)

このマンション見た目は立派だけどボロじゃん…なんて思ってたりもしましたが…

まさか、自分の物件でも同じことが起こるとは。。。

・・・

ボロかどうか、築古かどうかは置いといて、この部屋は両隣が無い独立した部屋で、下はゴミ置き場なので上にしか部屋はありません。

※端部屋の2面採光

※下階に部屋が無いので騒音を気にしないでよい

…こっち(東京)あたりだとこれらは大きなアピールポイントになるのですが、この地域では

左右&下に部屋が無いと、周りから温めてもらえず、すごく寒い部屋

になってしまいます。

ということにようやく気がつきました。

来年になれば購入後満5年になるから売っちゃおうかな。。。でもせっかく設備が新しくなったので取り戻さないと。。。

・・・

ちなみに今回壊れた給湯器の製造年は

本体に貼ってあるシールを見ると

08.03.○○○…

2008年3月製。

11年、微妙。まだまだ使えたと思うか、交換してもいい時期だと思うか。

交換時期だったと前向きに思うのとともに

 

とある場所のトイレに貼ってある標語カレンダーですが…反省しないとですね。

今回は凍結ですが、水漏れ、カビ、漏電…いろいろと起こる可能性があることがあります。

今まで大丈夫だったから…とは思わず、必要なことはキチンとやらないとこんなことになるという失敗例になってしまいました。

 

家賃数か月分とんだ―(泣)