前回の記事の反省

前回の記事「生活保護向け賃貸経営のリスク管理」では、ハードな話題ですが、築古の大家さんには避けられないことではないかなと思います。

コメントでもありましたが、生活保護に限らず、母子家庭が最強です。

長期入居が見込め、孤独死リスクがないなど超優良入居者となる可能性が高いと思います。

 

真面目な話はここまでにして、今回はネタコラムを投下します。

 

今回は健美●のコラムニスト、ふんどし王●をネタにしたいと思います。

テーマはサラリーマン退職を目指す、大卒製造業の私(以下フルチ●王子)

が高卒製造業からセミリタイアしたふんど●王子さんについて、考えるという

内容です。

 

私は新参ですので、知名度がある人を勝手に使っていくスタイルでイキたいです。

ふんどし王●さんをしらない方がいると思うので、紹介いたします。

ちなみに全く面識はなく、フェイスブックであなたの友人かもで出てくるレベルです。

 

ふんどし王●さんとは

富山の有名な大家さんです。

現在、32歳で、24歳の時に自己資金100万円から不動産投資を始めて、家賃年収1750万になり、昨年セミリタイヤして世界一周旅行した方です。

高卒で工場勤務から成りあがり、若くしてセミリタイヤされました。

ふんどしさんは私とは違いアパートメインですが、戸建にも投資されております。

 

ふんどし王●さんについて考える

私と年も近いので、意識してます。

私がどう考えているかを紹介していきたいと思います。

・属性について

高卒製造業と聞くとかなり、不利な状況と思いますが、私も製造業勤務(営業)ですので、現場勤務の方々を見ていると不動産投資にかなり有利ではないかと思います。大きく3つの理由があります。

①勤続年数:18歳から勤務しますので、長くなります。

(私は大学で5年も足止めされました汗)

②金銭面:3交代などの場合は夜勤のため、若いうちは大卒と変わらないことが多

いです。中小企業勤務の大卒よりも多かったりします。

③時間面:夜勤はかなり有利です。平日の昼間に休めるのは、銀行回りや決済、内見などなど調整しやすくなります。私は有給をなんとか使ってやりくりしていますが、毎年限界です。

・投資手法について

わずか100万円の自己資金で短期間で拡大されているおります。

始めは賃貸併用住宅→木造アパート→区分(売却して稼ぐ)→築古戸建→新築アパートと様々なことにチャレンジして、成功を収めております。

 

・私の考察

ふんどしさんのコラムを読んで感じたのは限界まで無理をしていくスタイルが似ているなと思いました! また頻繁にセミナーに参加されており、かなり真面目で勉強家な方ではないかと推察しております。

特に特定の勝ちパターンにとらわれず、様々な手法に取り組む姿勢には尊敬です。私は結局戸建でいいやとなりがちです。

詳しくは健美●のコラムを読んでください笑

 

若くても、自己資金が無くても「知識」と「気合い」があれば成功出来るのではないかと思いました(私もいけるかも)。

 

しかし、ふんどしさんの主戦場の富山は美味しい土地柄であることが、彼を含む有名大家さんのセミナー等で知られてしまい、今後競争が激化していく(る)と思います。そんななかどう乗り切っていくのがか気になります。

 

私はふんどしを履かないフルチ●スタイルで気張ろうと思います。