皆様、お元気ですか?

二代目大家かずみです。

私のコラムをお読みいただき、ありがとうございます。

 

昨日は、セミナーに参加しました。

セミナーの前に、腹ごしらえ。

セミナー会場のそばに合ったスペイン料理レストラン。

サクっと食べられ、セミナーにもぴったり。

おいしかったです。

何のセミナーかと言えば、

 

バルセロナ。

しかも、会場は、ペイン大使館!

もうこれだけで、出席を決めてしまいました。

大使館に入れるなんて、滅多にないですから。

 

今回まず目を引いたのは、現地不動産会社製作と思われる

ブローシャ―の存在

海外不動産セミナーに行くと、よくあるのは、

代理店となる日本の不動産会社により製作されたブローシャ―が

多いのですが、今回は、自前に思え、

まずそこに、「意気込み」を感じました。

充実した内容です。

まずなによりも、見やすいフォントがありがたい!

海外のって、なぜか微妙なフォントが多く、読みにくいのです。

 

説明も、通訳をはさみつつ、あっという間に2時間が経ちました。

ですが・・・

今回のセミナーで、一番お伝えしたいのは、その内容ではありません。

バルセロナの不動産については、何回かご紹介してますので、

お読みくださった方は、ポテンシャルのある地域だと

ご理解いただけてるかと思いますが、

素晴らしかったのは、開催方法が、王道 だったことです。

 

よくあるセミナーでは、国内不動産でも

利回り6%保証

大幅な減価償却が可能

90%ローン利用可

などなどが説明されてますが、

今回のセミナーでは、そんな文言は一言もありません

説明は、これだけ。

*******************************
バルセロナで創業して、業歴30年、地元密着の不動産業者として発展してきたA社のB代表を日本にお呼びして、現地の不動産マーケット事情を詳しく解説する、勉強会的なセミナーを企画しました。
・いま買うべきエリア ・買ってはいけないエリア ・今後楽しみなエリアについて説明します。
また、下記についても詳しく解説いたします。 ・不動産購入にあたって、融資を引く方法 ・税金や諸経費 ・出口戦略
行けば皆が好きになるバルセロナ…ご参加お待ちしております。
B氏 (A社代表CEO) バルセロナ大学で法学の学位を取得。不動産プロモーターから国内外の不動産サービス会社に至るまで、さまざまな役職において30年以上にわたる不動産業界での経験があります。
******************************

にも関わらず、これだけの人数が集まりました。

 

場所も、よく使用される貸し会議室ではありません。

最初に書いたように、スペイン大使館。

バルセロナの不動産を紹介するのなら、

これ以上はありえない会場で、

スペイン大使館のご厚意の元、開催されました。

経済担当者より、最初にごあいさつを頂戴し、

「通常は、B to B の業務が多いが、このように個人投資家が

集って下さるのは、大変喜ばしい」とのお言葉。

スペインが不動産投資に寄せる、期待の大きさがわかります。

実は、去年、私の通っているスペイン語のスクールに、

しかも授業中に、大使ご一行がわざわざお見えになられ、

ご挨拶して下さいました。突然のことで、ビックリ!

何故かは、全く不明です。

とても、偉ぶらず、親しみやすい雰囲気を感じました。

しかし、シャイな日本人の生徒の私たちは、

¡Encantado! ¡Encantada! ともごもご挨拶しただけ・・・

 

セミナーの後に、開催されたレセプションでは、

バルセロナ産のワインがふるまわれ、現地不動産担当者を多くの人が囲んで、

談笑が行われていました。

 

し・か・も このセミナーは無料!

なぜなら、スペイン大使館のご厚意だから。

これに勝るセミナーは、存在しないと思いました。

 

バルセロナという場所のネームバリューだけで、

120人以上もの人が集まりました。

そんな場所の不動産物件を扱えたら、不動産業者冥利でしょう。

そして、購入できたら、それは投資家冥利です。

セミナーの後、個人面談と称して、

畳み込んでその気にさせるセミナーの運営者に教えたい

教えたいと、心から思えるセミナーでした。

 

今日も、私のコラムを読んでいただき、

ありがとうございました。