こんにちは。

ベトナム大家です。

 

ちょうど続けざまに2件のニュースがありました。

どちらも、敷金・礼金・仲介手数料ゼロで住める

サービスを始めようというものです。

 

この2件、私の目から見るとどちらもチグハグで

おそらく、どちらもコケると思っています。

 

部屋を選ぶだけと言うが

1件目は、インド発のホテルベンチャー「OYO」です。

家具家電とWiFiが完備されているのは良いと思います。

 

引っ越しのたびに家具家電を全部担いで大移動し

ネット回線も1部屋ごとに再契約というのは

本当に日本の愚かなところだと前々から思っていました。

 

(ちなみに、ベトナムの賃貸マンションでは

 部屋のサイズに応じたベッドや冷蔵庫が備え付けで

 各フロアに強力WiFiルーターを設置というのが普通です)

 

しかし、OYOの家賃体系は高すぎです。

マンションで15万/月、シェアハウスで5万/月だったら

民泊やカプセルホテルに30連泊するのとそう変わりません。

 

見積りが大甘すぎる

2件目は、クラウドファンディングの「ADDress」です。

これも家具家電付きでWiFiも完備となっています。

そして、月額4万円で全国どこでも住み放題だそうです。

 

東京に住んでいる人が、出張するたびにホテルに泊まるより

このサービスのほうが安く済むという主張らしいです。

 

なんでも、地方だと6LDKの戸建てが4万円で借りられて

それを6人に貸せば月24万円で、出張が月10日だとすると

3回転(?)するから、72万円の家賃が見込めるそうです。

 

まるで、両手にベアクローを付けたら2倍で

いつもの2倍のジャンプをして、3倍の回転を加えたら~

というようなワケわからん理論になっています。

 

そもそも6LDKで家賃4万円の家なんてあるのか?

そして、それがうまいこと常時6部屋満室になるなんて

天文学的確率でも起こらないとしか思えません。