こんにちは。

ベトナム大家です。

 

突然ですが、大学生協とは実に優れた仕組みです。

 

学生が入学時に2万円を払って加入することで

大学生協はその集めたお金を運用して利益を出し

色々なサービスを安く提供してもらうことができ

卒業時には脱退して2万円を返してもらえます。

 

問題:不動産の悪いイメージ

私が懇意にしている(数少ない優良な)不動産屋が

いつも悪質な業者のふるまいに嘆いています。

 

その理由は私にはよく分かります。

宮沢賢治風に言うとこんな感じです。

 

東に強欲な大家あれば、礼金を2か月分よこせと言い

西に狡猾な大家あれば、礼金はゼロだとアピールしつつ

敷金2か月&敷引2か月という言葉遊びを使い

南に臆病な大家あれば、まだ部屋にも入っていない段階で

ハウスクリーニング費用を前払いでよこせと言い

北に悪辣な大家あれば、入居時に鍵交換費を取りながらも

合鍵を1本無くしたからと、退去時にも鍵交換費を要求する

 

そういうものに私はなりたくない

 

原因:既得権益の死守

なぜこうなるかと言うと、100万人の大家が100万通りの

文字通り「ハウスルール」で運用しているからです。

 

時代が変わろうとも、今まで手数料を奪ってきたのだから

これからも同じように手数料を奪えると思っているのです。

 

ただ、先日のニュースにあった「OYO」や「ADDress」など

意味不明な手数料は一切なしで住めるようにしよう

という動きが少しずつ広がってきています。

 

対策:加入制にすればいい

私が思うに、国営の賃貸協同組合を作ればいいのです。

※以下、賃協(仮)と呼ぶ

 

・簡単な登録だけで、気持ち悪い審査は無し

10万円を供託することで、誰でも加入できる

・賃協(仮)に加入している大家さんの物件なら

 どれでも家賃のみで住むことができる

・基本的には、すべて6か月の定期借家契約

・退去時には、本人が誠意をもって清掃すること

・トラブルが無ければ、契約は自動更新

・トラブルが起こった場合は、賃協(仮)が対応

 

つまり、滞納などのトラブルを起こしたら

6か月区切りで追い出されて、10万円も没収される

不良入居者を排除したいなら、これで十分な抑止力です。

 

ワケのわからん手数料を山ほど上乗せしておきながら

勤務先は? 勤続年数は? 源泉徴収票を出せ、など

上から目線の気持ち悪い審査なんて誰も望みません。