富、名声、力。この世のすべての物件を手に入れた男、不動産王ドーナルノ・トランポリン。彼の死に際に放った一言は人々を不動産投資へ駆り立てた。

「俺の物件か?欲しけりゃくれてやる。探せ、この世のすべてを置いてきた」

男たちは投資家を目指し、夢を追いかける。

世はまさに、大投資時代

 

ありたっけの金をぶち込んで、ぼろい戸建てを買うのさ、OTSU!

 

その大投資時代に生を受けた大津は4年前、不動産投資という大海原へ飛び出した。

大海原にはかぐわしい残置物、雨漏り、和式便所、汲み取り、土壁、擁壁最高のひとつなぎの財宝に溢れていた。

しかし、大津は、何もできない。

「俺には下地もできないし、クロスも張れない、配管もできねぇし、何もできねぇ。俺は助けてもらえないと生きていけない自信がある」

 

大津には仲間がいた。

 

では冗談はここまでにして本題に入ります。

 

チーム構築の重要性

不動産投資で利益を出すには自分で主体的に各プロセスに関わることが大事です。

不動産投資では多くの関係者の協力が欠かせません。

私がよくお付き合いあるのは以下の方々です。

・購入

不動産屋(物件の仕入れ)

銀行(借入)

司法書士(登記)

・リフォーム

プロパンガス会社(ガス機器の無償支給、キックバックなど)

内装職人(クロス)

大工(下地、床、屋根)

配管職人(水道、トイレ関係)

畳屋(表替え、ふすま張り替え、障子張り替え)

塗装職人(外壁、浴室塗装など)

ゴミ処分業者(トラックでゴミ運搬)

・貸し出し

仲介会社

 

私は多くの人に支えられ不動産投資をしております。

私が意識していることはすべての関係者とずぶずぶな関係を気づき優遇して貰うことです。

かなり、細かく分割して管理することでフル改装してもそこそこの利回りが出せ、スムーズに貸し出しが出来ているのではと感じております。

 

重要なのは人が間に入ると金がかかるという常識です。

皆さん誰しもがどこかしらからお金を貰って生きてます。なので、時間を頂くということはお金を払わなければならないのです。

って、間に入って手配してもらうということはお金がかかるというのが常識であると認識すべきだと思います。

例えば、工務店や管理会社にリフォーム依頼したら、そこから各業者へ依頼するため、手数料が乗りますので、当然割高になります。

不動産投資は収入のマックスが決まっており、利益を出すのはコスト削減に掛かっていると私は思っております。

特に駆け出しの投資家こそ自分で汗をかいて、強いチーム作りが欠かせないと思います。

 

チームの作り方

特に初心者の方はチームを作れって言われてもどうしたらいいかわからないのかなと思います。

下請け側の職人は基本的に、何をしましょうかではなく、何をしたらいいですかスタイルなので、知識がない人間には冷たいことが多いです。

一方、手数料を取る業者はすごく丁寧な傾向があります。

結局わからないので、丸投げして、儲からないとなっている方が周りにたくさんいます。

どれだけ強いチームを作れるのかは成功出来る投資家の分岐点だと思ってます。

チーム作りの順序はまず、やるべきことと必要な業者を把握することが大事です。

書く必要なプロセスをすべて洗い出すことが必要です。

しかし、知識がないとそれは出来ない方が多いのかなと思ってます。

 

一番早いのは経験者に聞くことです。

ただ、現実的な話、相当親しい関係がある人でなければ、全く何もわからない人にゼロから丁寧に教えてくれる人はあまりいないのかなと思います。

私は可愛い女の子なら無料で喜んで何でもしますが、それ以外は忙しいといって断るか、高額なバイト代くれるならやるけどになると思います。

じゃあどうするのか。

 

私のチーム構築の事例

まず、物件を買うのが一番早いと思います。仕事を与えられないと話にならないと思います。なのでとりあえず物件を買うことがチーム作りのスタートだと思います。

アパート志向の方も、買う前に安い戸建とか区分で多少損してもいいやぐらいで、チーム作りのために勉強するのがいいのかなと感じてます。

私は、まず215万でぼろい戸建を買いました。

 

私はサラリーマンなので、物件の知識はないです。そのため、何をしたらいいのかわかりません。

そこで、まずネットでリフォーム屋を呼び見積を取りました。もちろん頼む気はなし。 ちなみにきちんと商品券をGETしてます笑

 

そして、細かく見積の内容を聞き、勉強して、職人へコンタクトを取りました。

(職人の探し方は別にコラムにします)

職人はトータルで20人以上いろんな方を呼んで、その中で価格人柄が納得できる人を雇いました。

しかし、チーム構築に約半年掛かりました。そのため、1棟目の戸建は11月購入し、完成は5月末です。

これだけ時間がかかるのは話にならないですが、チーム作りは今後その地域で不動産投資を進めていく上での最大の財産だと思います。

 

海賊王になるには、剣士、航海士、コック、船医、音楽家、船大工などが必要です(ウソッ●は不要)

不動産王になるにも(ならなくても)、最高のクルーを見つけることが大事だと思います。

不動産王に俺はなる!!