50代から不動産賃貸業を始めた、

会計士大家です。こんにちわ。

気付けば、桜の季節になりましたね。

5ヶ月ぶりに書いてみようという

気持ちになりました。

久しぶりなので、近況報告を兼ねて、

「第3号物件」の満室経営復活までを

書いてみようと思います。

「第3号物件」概要

所在地:埼玉県深谷市

建物:軽量鉄骨2階建て

間取り:2DK

戸数:6室+駐車場11台

購入年月:2018年06月(満室)

購入価格:3430万円

2018年秋、立て続けに退去発生

09月末、203が「転勤」のため退去

11月末、102が「社宅」不要となり退去

⇒以後、年末になっても内見希望もなし

⇒このままでは、マズイと危機意識を持った、

12月初旬。

満室にするために、取り組んだこと。

1 「ペルソナ設定」

2 空室のステージング

3 プロカメラマンによる写真撮影

4 3の成果物を管理会社に共有⇒マイソクの見直し

5 4の新マイソクを持って、地元業者回り

「ペルソナ設定」をやってみた。

空いているお部屋に、

どんなお客さまに住んでほしいか?

を考えてイメージを決める。

それが「ペルソナ設定」といわれるものです。

「第1号物件」以来、1年ぶりの作業。

例えばいきなり、20代独身女性を!

というのも、アリだとは思うのですが、

まず手がかりに

「いまの」ご入居者さまのご職業、

属性を確認。

● 店員さん

● 大学生

● 作業員さん

● 男性独身

● 親子ふたり

● ご夫婦ふたり・・・

という現状が浮かびあがりました。

そこを踏まえて、空いているお部屋には

こんなお客さまに住んでほしい、と

イメージしたのが、こちら。

● 30代前半のご夫婦、共働き

● ご近所の職場まで、クルマ通勤(空き駐車場を使ってほしい!)

● 休日は外食を楽しむ

     :

     :

みたいなお客さま像を決めて。

そんなお客さまに、当物件を選んでいただけるように

お部屋のステージングのイメージをどうするか。

次回に続きます。