皆さんこんにちは!パテント大家ATSUSHIです。

 

本日は、『不動産仲介営業担当者は驚きの「安売り大王」だった!』というテーマで、私なりの考えを綴りたいと思います。

 

不動産仲介営業担当者は驚きの「安売り大王」だった!

 

先日のコラムでも述べましたが、最近私は身内から不動産の売却の相談を受けて、色々と行動しております。

 

その不動産は、居住用住宅としての売却(ただ、一階を店舗で使用していたため、収益物件にもなり得る物件)ですが、色々と不動産業界の裏の部分が見えて面白いので、コラムにて紹介したいと思います。

 

さて、不動産というものは、例えば同じ路線価の物件でも、どんどん家賃を稼ぐことが可能な物件と、稼ぎの悪い物件とでは、売り出し価格が違って当たり前なことであります。この点は、楽待コラムをお読みの読者の皆様ならお分かりなことかと思います。

 

まして、特にサラリーマン大家にとっては、

物件を売る場合はどこよりも高く売りたい

物件を買う場合は誰よりも安く買いたい

と言う、まさに必死の思いでやっていらっしゃる方が多いと思います。

 

そのため、楽待コラムのベテラン読者の皆様にとってはあまりご経験がないかと思いますが、

一般的には、個人の居住用住宅の売買の場合には、不動産屋の営業担当の思惑でうまくやられる話をよく聞きます。

 

実際には、

売却希望者をうまく丸め込み、

最安値で業者に売りまくっている

そんな不動産仲介営業担当者も世間にはそれなりないるようですね。

 

今回のお話は、そんな営業担当者に関するお話です。

 

私は、ある仲介不動産会社の営業担当者と、今回の居住用住宅の売却で対峙しました。

 

その営業担当者のやり口としては、路線価などの公表された指標を用いた査定は恣意的にはできない中、理由をつけてやや低めの試算を行ったり、売買事例として安い売買実績を提示したりはしてきたものの、個人的にはまあそれらは許容の範囲内でした。

 

ただ、その営業担当者は、

「○○万円なら、業者が買いますよ!」などと、さらに安い売価を提案し続け、

加えて、今回の取引に限っては大きな問題にはならない調査済みの隣地境界のことを、ことさら大きな問題のごとく話をしたり、

土地面積の測量や相続登記を急ぐ必要があるなどと主張したりと、

売価以外に関心事を持って行くなどして、

売却準備を強引に進めようとしてきた

のでした。

 

そんな中でも驚いたのが、売主側が不動産投資、不動産売買に対して極めて高い関心があることや、宅建士の免許も所有していることなどを話したにもかかわらず、まさに見え見えの「最安値売却作戦」を遂行しようとしていたことです。

 

それがあまりにひどかったので、私としては一番簡単な対策として、他の業者との競争環境の構築に取り組むことにし、他の不動産屋さんにも今回の話を持ちかけました。

 

そして、その過程において、私は他の不動産屋さんからある事実を知ることになりました。

 

それは、なんと・・・

その営業担当者は、

素人の物件を最安値で業販する

そのエリアの業者の間では極めて有名な営業担当者である

と言う事実です。

 

そのエリアの複数の不動産屋さんがおっしゃっていたので、これはほぼ間違いない事実だと思います。

 

その営業担当者は、

そのエリアにおいて、

仲介ビジネスを上述のような姑息な売り方で続けているような担当者であって、

陰では「安売り大王」という皮肉が込められたあだ名で

周囲の不動産屋さんから呼ばれるほどの有名人

だと言うことが、周囲の不動産屋さんへのヒアリングで分かってしまいました(笑)

 

(おそらく、安い売価で進めて両手取りを狙いつつ、量に重きを置き短期間でどんどん売り裁いていたのでしょう・・・「顧客ファースト」ではなく、まさに「自分ファースト」な印象でした。)

 

私は今回においては、安易に相手の主張を鵜呑みにせず、最初から疑ってかかるくらいの姿勢でいましたが、やはり素人の方であれば、まんまと口車に乗せられてしまう方も多いのではないでしょうか?

 

やはり不動産というものは、事前の調査はしっかりと行い、自分の中でのモノサシはしっかりと持つことが重要なのだと、改めて強く感じた次第です。

 

今回は売却の話でしたが、不動産の世界には上述のような恣意的であくどい担当者、「自分ファースト」な担当者は必ずいます。これから不動産投資をお考えの方におかれましては、くれぐれもご注意いただきたいと思います。

 

しかし・・・

私が競争環境をつくった途端、手のひらを返したように態度が急変し、こちらの期待を急にくむようになり、その担当者からのアドバイスももっともなものに変わっていき、「売主さんに頑張って応えたい」と、急におとなしくなりました(笑)

 

(こちらとしては、この担当者にお願いする気持ちはもう薄れていますが・・・)

 

なお、このお話は今まさに動いているホットな状況のため、定量的な話ができず申し訳ないですが、売却が決まったら、具体的な数字を用いて今回の経験をお話ししようと思います。引き続き、よろしくお願いします。

 

以上、本日は、『不動産仲介営業担当者は驚きの「安売り大王」だった!』というテーマで、私なりの考えを綴らせていただきました。本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!