こんにちは。

ベトナム大家です。

 

ボロ戸建ての減価償却は凄まじいです。

例えば500万円の物件を購入したとして

配分が土地300万:上物200万だったとします。

 

この上物は、たった4年で償却される計算なので

年間50万円の損失が発生したことになり

家賃4万で、年48万円の収入が発生しても

帳簿上は利益が発生していないことになります。

 

給与所得の面倒くささ

先週、税務署へ確定申告に行ってきたのですが

不動産所得はともかく、給与所得が厄介でした。

源泉徴収票の原本を取得するすべがないのです。

 

~~~~~~ここから回想シーン~~~~~~

かつて、「俺は集客には絶対の自信がある」と

豪語した奴がいました。(以下、ウ〇コ野郎と呼ぶ)

それで、私が持っていたベトナムの拠点を使って

一緒に事業を始めようという話になりました。

一応、私がそいつの会社に所属するという形をとり

報酬は、開発したソフトウェアによる歩合制です。

 

ところが、こいつが取ってこれる仕事ときたら

せいぜい、月30万円ぐらいしかありません。

当時、ベトナムの拠点には4人いましたので

家賃や給料を払ったらもうほとんどゼロです。

 

しかし、こいつは「俺様が養ってやっている」

「俺様がボスでおまえらは家来じゃ」という態度で

挙句の果てには、勝手にベトナムの写真をアップして

「海外に子会社を設立しました」とアピール。

いやいや、おまえ1円も出資しとらんやんけ!

 

もう何のメリットもないし、苦痛でしかないので

着信拒否してSNSもブロックして縁を切りました。

~~~~~~ここまで回想シーン~~~~~~

 

潰れた!で押し通せ

しかし、職員は源泉徴収票を出せの一点張りです。

どう考えても、今さらあのクソ野郎に電話をして

『源泉徴収票を発行してもらえませんか』なんて

絶対に無理です。二度と関わりたくもありません。

 

以下、こんな不毛なやり取りで決着しました。

『今どうしてるかも知らないし連絡先も知りません』

「源泉徴収票がなかったら受け付けられません」

『じゃあもう税金払わなくてもいいですか』

「そんなことは言っていません」

『給与所得0にして事業所得に付け替えたらいいですか』

「それがいいとは言えません」

『これ、会社が潰れてたらどうなるんですか』

「潰れてるんですか」

『はい潰れてます、滅びればいいと思ってます』

「本当に潰れてるんですね!?」

『はい!!」

 

これで受け付けてもらうことができました。