だまされた物件。

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

今日は、昨年の10月にお伝えしたコラムの後日談です。かいつまんで振り返っておくと、、、

 

・読者の方からメールで相談があった

・地元で有名な書籍も出している投資家から物件を買った

・大家の会で勧められた物件だった

・その後、相場より高く買ってしまっていたことに気づいた

・『数千万円、表面利回り15%』くらいのスペック

・今の相場に引き直すと表面利回りは13%くらい?

・満室にするのは難しいエリア

 

という感じでしたね。

 

その後の話。

この方は、その後もちょくちょくメールをくれています。頑張っているのが伝わるので、私も応援しています。

最初の頃は騙されたことにショックを受けていた部分が大きかったように見受けられます。心が折れて『売却して損切り』に向かっていたこともありました。

査定してもらうと1千万円近くは損をする結果となりました。コツコツと貯めてきたお金で始めた投資としては悲しすぎる結末です。もうそれで終わりにしたいというようなメールが来たこともありました。

なんとか踏ん張って欲しいとメールで応援していましたが、失敗しても責任がとれないので難しいですね。心が折れてしまうよりは損切りのほうが良い場合もあります。

 

 

でも、最近では、いろいろなトラブルにも立ち向かって頑張っています! 満室稼働に向けての対策を実施して、やっと申し込みベースで満室になったとメールが来ました!!!

なんだか私も嬉しくなっちゃいました。

 

1千万円の損失なら。

購入時に1千万円高く買ってしまったとしても、満室で運営できるなら問題は時間が解決してくれます。

このエリアで満室経営を続けるということは難しいのかもしれませんが、不可能ではありません。現に2部屋の空室をうめて満室にできたのですから。

 

結構、頑張ればなんとかなるのも空室対策です。それが儲けるために必要なことでもあります。

 

 

どうせ資産価値の大部分は土地の分です。だから、3年間を満室で運営できれば1千万円の損失は取り戻せるということです。インカムゲインで十分に取り返せるのです。それが不動産投資の良いところでもあります。

 

あと数か月で購入してから1年です。もう2年くらい歯を食いしばって頑張れば心は楽になると思います。土地の価値が目減りしていなければ損はしていない状態まで来ます。

あと5年くらい経てば儲かっている状態までいくでしょう。そのときには四苦八苦した分だけスキルも磨かれていると思います。

 

 

不動産投資では心が折れそうになるトラブルも頻発します。どうしてこんなことをやったんだろうと思う瞬間もあるかもしれません。でも、それをひとつずつ解決しながら満室にしていくことを続けるしかありません。

そこで『もうこんなのは嫌だ!』と思うのか、『これくらい解決して儲けるんだ!』と思うのか、それが分かれ道となります。そんな投資なんだと思います。

 

でも、ある程度の失敗なら解決できる道があるということは大きなことだとも思います。そこが私の好きな部分でもありますね。

 

以上、嬉しいメールが来たのでコラムにしました。今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。