こんにちは、

主婦大家の蘭木(あららぎ)緑です。

あちこちから桜の便りが聞こえて来る季節となりました。

所有物件は年末に満室となり今日に至っています。確定申告の受付が始まった2月の半ば過ぎに三人分(私、夫、海外赴任中の息子)の申告を済ませ、来月のメルボルン行きの準備(息子一家から依頼された数々の大量物資の調達)に忙しい昨今です。

大家となって13年、とうに借入は無し、自主管理でコツコツと知恵を絞ってほぼ満室を維持してきました。    

たまに退去があるとDIY好きの夫の出番、部屋の壁に無垢材を張ったり、キッチン扉を木製で作っておしゃれなお部屋に変身させて、

 

家賃1割アップで埋める手法、経営もとりあえず順調と思っていました。

 

そんな私へ思わぬ事態が起きました。

先週金曜日、夫は2階で届いたばかりの360度カメラに夢中、私は居間でテレビをぼーっと眺めていた夜の10時半、突然携帯電話が鳴りました。

90歳になろうとする義母と実母がいるので、夜の携帯着信には焦ります。

あれ? 甲府物件近くの内装屋のOさんからです。夫がまだ現役で急ぎのリフォームに対応出来ない時に一度お願いした事がありました。物件の前の駐車場を借りていて今も時々お会いします。

出てみると、

「今アパートの前にいるんですが、2○○号室のお友達が本人と連絡が取れないとかで、警察を呼ばれているんです。ちょっと代わります。」

え、エーッ!!何それ??

警察官「入居者のご友人から連絡が取れないとの通報があり現場に来ています。車はあるのですが、部屋の明かりは消えており、何度ベルを押しても出られません。カギはありませんか?」

連絡が取れないと通報された入居者は、昨年8月に入居された40代後半の女性Tさんです。

「か、鍵ですか、鍵はそちらには預けていません。窓を破って開けて頂くのは構いませんが、先ずは私からも連絡をしてみます。」急な話でびっくりしながら、もう少し情報が欲しいので友人からも話を聞けたらと思い、「お友達の方って、今そこにいらっしゃいますか?」と聞くと、

警察官「その、、もしかしてその方がいると却って開けない事も考えられるので、先ほど帰って頂きました。」

えッ、通報者を帰した??ってそれどいう言う事だろう??

「お友達って男性の方ですか?」

警察官「そうです。」

それを聞いて少々思い当たる事が、、

実は入居されてすぐ、アパートの駐車場でトラブルがありました。1階の住人から、「入居された2階の方が車を2台縦列で停めていて、隣に停められない事はないのですが、すごく停めにくいんです。2台の契約じゃないですよね?」

緑「勿論違います。ご迷惑をおかけしてすみません、私から連絡してすぐにやめてもいらいますね。」

入居してすぐなのでそろそろご本人と連絡を取り合おうと思っていた所です。

すぐに電話しましたが出ません。メールも返信はありません。仕事中かも?と何度かかけるも出ません。やむなく仲介業者へ伝えて連絡してもらいました。その電話には出た様ですが、全く改善されません。仲介業者は「やめると言っていたんですが、、」と言うばかり、

クレームをくれた方にはその都度経緯報告を入れていました。その時に「新しく入居されたのは男の方ですよね?」と聞かれ、「いいえ、契約者は女性ですけど、、」

「そうですか、2台の内1台は男性なのでそう思っていました。大家さん、埒があかないので、僕が直接言っても良いですか?」

こちらの電話にも出ず、仲介業者の意見にも従わないので仕方ありません、入居者にお願いすると、何とすんなり改善されたのです。一件落着!

警察官が『通報者がいると開けない』と考えた事から、もしかして契約者と以前一緒にいた男性かも??との思いがよぎりました。さて、話を戻して、

警察官「私は無線でやり取りしている(だからOさんの携帯を借りた)ので、結果を警察署へ連絡してもらえますか?分かるようにしておきますので、番号は○○○・・・」

すぐに入居者Tさんへ電話をすると、「電源が入っていないか電波の届かない所にいます。」となりました。

続いてショートメールを送り、再度電話すると、、今度は前回と違って一度鳴った後に切れる、、、うーん、これって本人が切ってるのか??それならむしろ少し安心だけど、、。

次に緊急連絡先として登録されている叔父さんへ連絡しました。もしかしてスペアキーを預けているかもしれません。

すると、そこで思わぬ事を聞かされる事となりました。