昨今、不動産投資は、なかなか融資が受け辛いという言葉がよく聞かれます。

金融機関に行って相談しても、確かに現在、不動産投資に対する融資は、担当者の口からはあまり良くないとのことです。

私が相談した金融機関は下記になります。

●都市銀行

●日本政策金融公庫

●信用金庫

「都市銀行」は3期分の確定申告(3期とも黒字)をお渡ししましたが、全く相手にされず。。。

「日本政策金融公庫」は、お話は聞いてくれますが、融資にとても時間がかかりそう&不動産にはお金を貸したくない感じ。。。

そのなかで「信用金庫」は確定申告書類を見せる前から、話を聞く姿勢で聞いてくれました。

求められた書類は

  1. 3期分の確定申告書類
  2. 2年分の住民税納税証明書
  3. 2年分の所得税納税証明書
  4. 身分証明書
  5. 購入希望物件の資料
  6. 他のアパートローンの返済予定表
  7. 売買契約書
  8. 重要事項説明書
  9. 住民票
  10. 実印 & 印鑑登録証明書
  11. 他の不動産の家賃と入居者が入ってるかどうか
  12. 社会保険料納付証明書

 

いろいろな書類を求められたな~という感じです。

審査には1か月ほどかかりました。

結論から言うと、自営業は金融機関から融資を受けるのが大変なんだなという印象です。

自営業が、今、融資を受けるには

ちゃんと納税しており、経営もしっかりと黒字経営、そして貯蓄もできている。

という感じでしょうか。

私の投資スタイルは、安い区分を値引き交渉して現金買い+高利回りという感じなので、融資が出来てもできなくても良いのですが、資金もたまってきたので、少し大きめの物件を購入しようとして、今回は融資をさせていただきました。

ローンも少なく、ビジネスの経営状態も良かったので、貸してくださったという感じです。

これを機に、こつこつ信用を築いていこうと思ってます。