前回の反省

前回のコラム「フィリピンでの不動産投資を考える」ではタイムリーな情報を紹介出来たかなと思います。

フィリピンは魅力的な市場だと思いますし、日本よりも可能性を感じます! 

しかし、海外の不動産投資では失敗する可能性が高いです。

 

私は

「現地の不動産事情に詳しくない」」

「日本人」

が海外不動産投資で失敗すると思ってます。

 

そこで、私が考えるウルトラCのレベル1とレベル2を紹介します。

参考になる方は独身、英語(または現地語)を覚える意思がある、フットワークが軽い、パロパロな方が使えるかと思います。

それ以外の方はあまり参考になりません。

※パロパロについては前回のコラムを参照ください。

 

レベル1 現地の不動産会社に就職する

よく海外での不動産投資について、「俺は出張でよく行っているから知っている」「現地に駐在したことがあるから大丈夫」「現地に知り合いがいる」とのたまい、俺は出来ると思っている方がたまにいます。

しかし、そのレベルでは話になりません。

つまりその理屈は日本に住んでる日本人なら日本で不動産投資成功出来るという理屈です。それは間違いだと私は思います!

成功するには現地の不動産事情に詳しくならなければなりません。

意外に現地での不動産関連の仕事はあります。私はインドで不動産仲介してました。詳しくは次回に紹介します(ネタ温存に走る)。

 

レベル2 現地人になる。

就職して業務を経験を積むことで不動産に詳しくなるでしょう。しかし、フィリピンでは外国人は土地買えません。

これだけ魅力的なマーケットなのにコンドミニアム(区分)だけでいいのでしょうか! 一棟ものや戸建ての方が利益が出しやすいはずなのは万国共通だと思ってます。

じゃあどうすればいいのか!!

現地人と結婚して現地人になればいいんです。

 

不動産投資家の方はお金はあるけど、人間的にクセが強い方が多く、あまり女性にモテないのか独身の方も多いと思ってます。

なお私はクセが強いけど、お金がない一番タチが悪いタイプです。

圧倒的僥倖! 世界にはそんな諸兄を受け入れてくれる国がある。

それがフィリピンです。

 

フィリピンの女性にモテるには

先週のフィリピン出張で調査してきたことを報告します。

※このコラムは実践大家コラムです。

外見:

色白が良い

鼻筋が通っていて高い

眼鏡をかけている

身長が高い

ちょいマッチョの体系(やせてるのはそんなに人気なし)

現地人男性とは反対の特徴が好まれるみたいです。

 

内面

相手の家族を大事にしてくれる

フォローがマネ(毎日の連絡が必須)

 

その他

金がある(一番重要)

英語が出来る(現地語が出来すぎると遊んでると思われ警戒される)

 

いろいろ書きましたが、結論として、

普通の日本人で英語が喋れればまずモテます。

いま英語が喋れなくても大丈夫、フィリピンでは格安で英語留学が出来ます(月10万程度)。

 

本題に戻ると「現地がよくわかっていない」「外国人」が失敗しますが、

「現地の不動産会社の働く」、

「現地人」になるんです。

そしたら、日本と同じ状態で、成長する国で不動産投資に挑戦できます。

 

私を含めて、独身の諸兄はフィリピンへ行きましょう!!

さあ乗るんだ、希望の船に!!

 

※某youtuberが紹介するおっさんでも女子大生と同棲する方法が、奥さんを大学に行かせることでした汗