僅か4.5畳しかないお部屋の中に洗濯機置き場まで新設して、住みやすい空間に仕上げる事は可能か?

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

今回、物件入手を予定し現在お部屋の構想を練っている、

その名も神田川部屋(命名主は地主の婿養子大家さんとゆうちゃん)ですが、

今回引き渡し受ける予定の空き部屋は6畳2世帯で、

他にも4.5畳のお部屋が2世帯別途有るのですが、

そちらは有り難い事?に入居中の状態で引き渡しを受ける予定の為、

物件引き渡し後のお部屋のリフォームは今回は出来ません。

 

ですが、この4.5畳の狭小のお部屋であっても空室になった際には、

室内で生活を完結出来る物件を目指す必要性を私は強く感じていますので、

その為に狭い室内であっても、洗濯機置き場の設置をしようと考えています。

 

しかし現実に僅か4.5畳のお部屋内に洗濯機置き場を設置すると、

どんなにお部屋の商品力を高めたと言っても、

そのままでは生活はし難く、

毎年年末恒例の○○物件オブザイヤーにノミネートされる物件となってしまうかも知れません(逆にそれを狙って物件の知名度を上げると言う戦略も有りかも知れませんが)。

 

そこで私が考える、若い年代の方にも商品力を訴求出来るお部屋に仕上げる為に、

いわゆるロフトベッドの導入を検討してみようと考えています(6畳のお部屋には生活に最低限必要なスペースが確保出来るのであれば導入は検討しません)。

 

ネット等で実際に販売されているロフトベッドの画像です。

狭小部屋でも最低限このレベルの品質感は維持したいと考えています…

 

ここで一つ問題になるのは、

ロフトベッドを4.5畳の狭い室内に持ち込むと、

洗濯機置き場が設置されている事もあり、

お部屋の中の見栄えがまるでタコ部屋の様になってしまい、

若い年齢の入居希望者さんが積極的に選ぶお部屋とは、

遠くかけ離れたお部屋となってしまう事が予想される事です。

 

出来る限り見栄えの良いロフトベッドの導入と、室内コーディネートを考えた壁紙や床材を導入…

 

広さが僅か4.5畳しかない昭和年代のお部屋を、

若い年代の方にも訴求出来る商品力の有るお部屋にする他には、

室内のデザイン性も重要と考える私は、

今回、お部屋がごちゃごちゃして見えない、

なるべくスッキリとした室内になる様に、

室内のカラーコーディネートを考え、

狭い室内であっても、

不思議と落ち着く空間を目指して、

仕上げてみようと考えています。

 

実は23区内には今でも、

今回の物件と良く似た神田川部屋は他にも存在しており、

今回の物件の再生に成功(想定する利回りで満室稼働できた場合)すると、

これまであまり見向きされなかった低スペックの狭小物件にも新たな可能性が生まれ、

23区内としては少額の投資金額の賃貸経営であっても、

23区内としては比較的高い利回りを出せる、

魅力的な賃貸経営に変貌する可能性を秘めています。

 

単に数字を追いかけるだけの賃貸経営とは一味違う、

わくわく感とクリエイティブな好奇心も満たせる新境地の賃貸経営を目指したいと私は考えています。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。