中古戸建て物件のリフォームその後です。

さすがに築30年超の建築物は傷みが諸処に見られます。

その中でも水回りの傷みはシロアリ食害の影響もあり顕著です。

事前調査にて、風呂前とトイレ前の床が沈んでいることは確認していました。

先日実際に床をめくってみたところ、やはりシロアリによる食害でした。

ただ、その状況は想定していたものをはるかに超え、

床が抜けなかったのが不思議なくらい傷んでいたのです。

 

 

床をめくり、ボロボロになった木材を取り除くと、

床を支える材(根太)はボロボロになっており構造的体力は無き状態です。

そしてその被害は周囲の壁材にまで達していました。

とりあえずシロアリ食害の著しいところを含め、

その周囲も大きく取り去りました。

取り去った床材は新たに作り変えて対処しました。

床のリフォームは水平を出すのが難しくかつ、既存床との整合性も重要です。

 

本来なら傷んだ床材は部分的ではなく根太を含め全体をはぎ取り、

新たに作り直すのが最善なのですが、

時間も費用も多く必要になるためあえて今回は部分修繕としました。

そのため、

下地材の歪みや新設床材との若干の段差等では違和感が出てしまう懸念があり、

既存はフロアシートであったところを新設床仕上げには、

フアタイルを計画してみました。

フロアタイルは堅めの素材のためその辺の誤魔化しには向きます。

またフロアタイルはフロアシートよりもしつかんも良くお奨めです。

でも材料費が若干高いことと施工が若干手間がかかることになりますが。

 

とりあえずは床の補修ですが、

ホームセンターで木材、金具類やその他諸材料を買い込み、

家用軽トラで運搬です。

こういう時に軽トラが一台あると便利です。

ホームセンターでは要所にACQ処理をした木材を積極的に選択しました。

ACQとは防虫防蟻材を加圧注入処理した木材であり、

緑かかった色をしている材です。

シロアリ被害に遭いそうな場所への利用はこのACQ処理材が適します。

しかし、サイズが少ないので、すべての材が揃わないのが残念であり、

在庫の無いサイズはシロアリ対策の防蟻剤を購入して塗布対応します。

木材を加工してから薬品塗布になりますので、時間も手間もかかりますが、

これを怠るとまた近い将来シロアリの被害に遭うことになるため、

面倒でも確実に対策を行っていきたいところでしょう。

 

 

何となく、既存床と高さを合わせて修繕できたものの、

既存床の木材が痩せ歪んでいる個所も多く、

予想通り部分的に段差が発生しました。

こんな不具合も出てしまうので、

 

 

できれば連続する床材は全てやり直した方が良いかとあらためて感じました。

まぁ、フロアタイル材を貼ってしまえば若干誤魔化せることを期待します。

 

戸田 匠