みなさまこんにちは!

ストレージ大家のひらです。

顧問弁護士を1年に渡って入れてみました。
いろいろありましたので、

投資家にとって顧問弁護士は必要か?

という観点でコラムにしてみたいと思います。

顧問弁護士を入れた経緯

私が顧問弁護士を入れた理由は、
所有する一棟マンションの庭を駐車場に変更したところ、
近隣の方とトラブルになったからです。

その件はまだ途中までしかコラムにできていませんが、
弁護士を入れたことでようやくこの駐車場トラブルは大きな変化を見せました。

今回はその後の一般論としての顧問弁護士についてです。

頼られる顧問弁護士

駐車場の問題以外にもその後”いくつかの問題”に巻き込まれています。
“投資”をしているとどうしても”つきもの”な気が私はします。

それを”裏付ける”かのように、
実は私の”身近”な投資家が数名ある”問題”に巻き込まれています。

簡単に書くと謝罪しないと訴えるようなことを言われました。
実は私もこの中の一人でしたのでみんなでこのことに対する協議をしました。
1名は逆に訴えてやるという勢いでした。(というような事情です)

この時私に”顧問弁護士”がいることを仲間は知っていたので、
私の顧問弁護士にいろいろ”聞いて”欲しいという要望が出ました。

この件は結局、顧問弁護士のアドバイスもあり、
うまく解決しています。

投資家は弁護士を欲している

ここで”言いたい”のは、
“私以外の投資家”にも”法律家”の”お世話になりたい”ような問題は投資をしていると結構”遭遇”していて、

その場合弁護士がいないなら”なんとか”違う方法で解決しているか、
その時だけ弁護士を雇っているなどをして凌いでいるということです。

顧問弁護士のように気軽に法的な解釈を聞ける状況にあると、
“投資家であれば頼りたいシーンは多々ある”ということです。

ただ、たかが個人事業主、そこまでお金は出せないというのが実情です。

顧問弁護士は割に合わない?

では、顧問弁護士は料金的に割に合わないのでしょうか?

これは大きく2つに分けることができます。
1つは通常弁護士に頼るようなことがない状況であればもちろん常駐させておく必要性はありません。
一般論ですね。

逆にもしやっかいごとに巻き込まれているとか、
日常的に法的な解釈を聞いたりアドバイスを受けなくてはならない状況の人であれば、
顧問弁護士というのは逆にリーズナブルです。

私も駐車場の問題のために元々入れていてその前は顧問弁護士などうちの会社(資産管理法人)には無縁と思っていましたし、
逆にこの駐車場のトラブルが発生した後は私にとって一番リーズナブルにことを運べていると思っています。

月単位で考えると33,000円くらいかかるので大きいなと思いまずか、
年間で考えると40万弱で、
トラブルに巻き込まれた身としては決して大きくはない金額です(小さいお金と大きいお金)。

顧問弁護士を入れて何か変わったか?

やはり弁護士に気軽に聞ける環境となると、
法的な見解を求めることも多くなりました。

店子さんがいる物件を購入する時に意見を求めたり
新しい投資をする時に法的な問題がないか見解を求めたり
プライベートな問題で見解を求めたり計算方法を聞いたり、

こういったことは今まで”我慢”していたことなんだとは思います。
あるいは無料相談などを使うとか有識者に聞くとかして”凌いで”きたことです。

これからも顧問弁護士を入れていくか?

ではこれからも顧問弁護士は必要で入れていくのか?
というとこれは正直私も迷っています。

答えは書いていて、
結局トラブルに巻き込まれている時期なのかそうでないのか
が大きいですね。

ただ例の駐車場の件もまた少し動きがあり、
他にもまだ必要とする場面があるため、
私の方はもうしばらく契約をしておいた方がよいかなという判断です。

駐車場の件1つとっても年間このくらいの費用で済むなら、
最悪の泥沼を考えたら”安いもの”ですから。

はやく顧問弁護士など必要としないような状況にまたなってくれたらと思っていますが。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!