物件探しにて。

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

前回のコラムでは『金融機関の融資姿勢が変わってきた』ことについてお伝えしました。これまでと違って前のめりではなくなり、不動産投資に対する融資に消極的になってきたことが感じられる変化でした。

こうなってくると物件価格にも影響がないはずはありません。でも、まだまだ高止まりしている物件価格が多く、ポータルサイトなどで表面上は大きな変化はありません。

 

こんな時期に高値づかみをしたら危険です。買った瞬間に大きく値が下がるかもしれません。しかし、同時に大きなチャンスでもあります。こういうチャンスは一瞬です。そこを逃さないようにするのも大事になってきますから。

 

最近、物件探しをしていると感じることがあります。それは、『前なら瞬間蒸発していたレベルの物件情報が残っている』ということです。現地確認までする気になるような物件情報は少ないです。これまでは、そんな情報があっても現地に行くと『もう売れちゃいました』とか『買付が3本入っているんです』とか言われたものです。

 

それが、今では逆に指値(値引き)まで通りそうな状況となっています。それでも、まだちょっと高いかな?とスルーしていますが、買っても良いと思える物件もチラホラ出てきたように思います。

まだまだ少ないですが『無くはない』といった状況になってきました。以前よりは買いたい物件を見つけることはできるようになってきたと感じます。

 

 

物件紹介メールでも、あきらかにローンキャンセルでの再案内が増えてきましたし、値引きしました!という紹介も増えてきました。今後の物件価格は下がってきそうな雰囲気が漂い始めていると思います。

 

逆に言えば、それだけ融資をつけるのが難しくなってきたということでもあります。これは表裏一体ですね。だから、融資が付く人や現金を持っている人にとってはチャンスが近づいてきていると思います。

このチャンスを狙うには自分も融資がつくような状態にしておく必要があります。この時期をどう準備するのかが大事になってきそうですね。

 

・お金を貯めておくこと

・融資が出そうな金融機関を見つけておくこと

・その融資条件を把握しておくこと

 

といった感じが準備になります。裏ワザはない時代に突入して、基本的な戦略に戻ると思います。耳に痛いことでしょうが、お金をためておくことが一番の準備になるのは間違いありません。融資が出ない時代に突入した時に、自分だけ融資が出る状態になっていないと買えないのです。

そのために必要なことは物件価格の2割~3割程度の頭金を入れられる状態になっていることです。これであれば、頑張って探せば貸してくれる金融機関は見つかると思います。融資が厳しい時代に突入しても。

 

2000万円の物件を狙うなら500万円前後です。購入後の安全資金を考えるならもう少し欲しいところではありますが。

チャンスが来るまでに、なんとか準備を終えることが現時点での最重要事項です。正攻法は耳に痛いことも多いでしょうが、これが一番の安全なルートだとも思います。それが大変なんだよ! とか それができれば苦労しないよ! という声も分かります。それでも、数千万円や億の夢をみるわけですから、なんとかしていくしかないとも思います。

 

と言いながら、チャンス相場なんて来ないかもしれません。そんな雰囲気だけで終わるかもしれません。それも相場です(笑)

ただ、来た時のために準備をし続けるのが投資家なんだとも思います。いつか稔る日のために。

 

以上、最近の物件探しから感じた変化でした。今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。