こんにちは。サラリーマン大家の脇太です。

 

最近はめっきり海外ばかり不動産をリサーチしに動いていました。

 

海外不動産の取得する理由

 

バンコク、韓国、グアム、オランダ、ドイツ、カンボジアとマーケティングをして時間とお金をかけながらもセミリタイア後に保有するならどこの国が良いかなどを考えながら行動していました。

 

個人的には海外の不動産は現金で購入する方向で考えています。

 

理由は様々あるのですが僕の場合は基盤は国内不動産で資本を増やし、自分が保有したい国で賃貸経営を行い外貨を得るモデルを目指しています。

 

国内の賃貸経営だけでのCFでも良いのですが、せっかく飛行機を使って便利に行ける時代になっているので海外不動産を取得し外貨を稼ぐモデルも1つ持っておいても良いのでは?と思える規模になってきたからです。

 

しかも将来的にサラリーマンを卒業し専業大家になった時に保有物件を海外へ観に行くのも1つの楽しみとしてありだなっと感じたので探物することにしました。

 

個人的に保有したい国は

今の所、ドイツかグアムかカンボジアが濃厚かなって思っています。

 

ドイツに関して言うと日本と土地の広さは違えど、物件種別ごとの1物件あたりの値段の返りはさほどないのが実情でした。

 

現地で確認して良かったのは空室が5パーレベルと地域を変えても平均で圧倒的低さを誇っていること。

 

さらに物件のモデルにもよるのですが入居期間の長さも魅力的でした。

 

その次はやはりグアムw

 

これは個人的にグアムに行きやすく物件取得した後の運営もリソースを確立さすのに難易度が低いのでチャレンジしやすいのが良いです。

 

最後にカンボジア!

これに関しては、上記の2つの国とは違いリターンを大きく得られる可能性があります。

 

嘘のようなホントの話なのですが、現地で仕入れができれば海外で販売されている値段の7分の1の価格で仕入れることができます。

 

これには正直ビビりました。

 

よほど日本の海外不動産を紹介している会社が暴利なのかは一目瞭然です。。

 

実際に自ら行動して事実確認するだけでもわかることを、なんとなく業者が信用できそうだから買うは命取りですね!

 

そのほかの国はホテル経営を考え今後もリサーチを続けて行きたいと思います。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!