前回の振り返り

前回の記事「私がアパートを買わない理由」では、なぜ戸建ばかりを買うのか伝えられたかなと思います。実際は融資が危ないだけですが汗
ただ戸建投資のメリットばかりを強調しすぎたかなとも思ってます。

私がコラムニストになってから、大家の飲み会などで、

大津さんのように戸建投資をやりたい」と言われることが多くなりました。実は新築ワンルームを野獣先輩から購入した元日ハ●のTDNさんも戸建投資したいということで、私のところにいてます汗
※詳細は前々回のコラム参照

私がすごく感じるのは戸建投資は向き不向きがあり

向いていない方も多いということです。

どういう方が向いていないと思うのか、
独断偏見、非ロジカルで行きたいと思います。

 

戸建投資に向いていない人

大きく2つに分け割れます。

① 不動産投資自体に向かない方(即刻退場)

② 戸建投資に向かない方

 

そもそも不動産投資に向かない方

① 勉強熱心でない。
② 人(営業マンや先輩大家など)に言われたことをうのみにする。
③ 行動力がない。
④ 貯金が出来ない。
⑤ 金に対する執着が少ない。
⑥ 論理性がある正しい意見に耳を傾けられない。
⑦ 明確な投資方針がない
⑧ 家族からの理解が得られてない。

これらに当てはまる方は不動産投資自体に向いていないと思います。

大金を失う可能性があるので、辞めた方がいいです。
某不動産投資サイトのコラム二ストでも地方RCメインの以前侍さんに斬られた方がおりますが、今後失敗する可能性が高いと思います。
そういう方は不動産投資に限らず、投資全般に向いていないです。
はじめ、間違ってしまっても、過ちを気づいて、修正出来る方はいいと思いますが、かなり少ないと思います。将来の45組候補です。

 

戸建投資に向かない方

アパートと比較した戸建投資の特性として、そもそも手間が掛かるから高利回りということがあります。従って以下の方は向きません。
 ①収入が高い(時間単価)

私の友人でお医者様がおります。同じ28歳ですが、年収1,400万円です。
旧帝国大学医学部出身で私と同レベルの頭脳を持っている方です(嘘)。
彼は夜勤のアルバイトすると一晩で10万超貰えます。そんな方が家賃5,6万のために時間を使うのはもったいないと思います。
時間単価が高い方は向かず、大きいロットで勝負すべきだと思います。
ちなみに彼は戸建を1棟所有します。
早急に私に売った方がいいと思います。

②時間が取れない

戸建投資はアパートと同じ収入を得るために、複数物件を購入するため、内見→融資付け(or現金)→決済→リフォーム(アパートと違い再生が多い)→客付けのサイクルをアパートの何倍もやります。
特に戸建の再生は職人さんなどの管理がすごく大変で、知識が要ります。

私は独身で時間が取れます。どちらかというと体力(性欲)が多い方です。
独身でも仕事が忙しい方は体力がない方、結婚されている方で家族サービスで休みを取られる方は厳しいと思います。
あとDIYは出来なくてもいいと個人的に思います。私は塗装とゴミ処分しか出来ません。

③建物にこだわりがある。

私の知っている大家さんは300万の戸建を300万掛けてフルリノベしました。
家賃は6.4万円です。場所は中心から外れた賃貸が弱い場所です。
色々こだわりがあるようで、写真を見ましたが、新築かと思うレベルでした。
水回り一式入れ替えただけでなく、階段まで新しくしたそうです。

しかし、外壁はしてません汗
そこまでしなくてもいいと思いますが、ここまでしたかったそうです。
オーバースペックはアパートでも失敗しますので、共通することでもあります。
しかし戸建はこだわると部屋が多いので、アパートより費用が嵩みます。

④人付き合いが苦手

個人の職人直発注が肝になります。アパート経営だとやり取りは管理会社の方とのやり取りがメインには違います!
結構適当な工事をしたり、ぼろうとして来たりあります。また素人ですので、教えてもらって勉強した上で明確な指示をしないと動いてもらえません。
ここはかなり大変です。
私は濃密な付き合いがあります。例えば、ご飯行く、年末温泉行くとかだけでなく、大工さんに呼ばれて祭りの神輿の設営のバイトしにいったりとかしたこともあります汗 また初めての物件の時は施主兼バイトでお手伝いをしてました。
しかし、仕事が出来ない(不器用)ので、クビになりました汗

なお友人の小学校教員(以前紹介、炎上の原因になった車屋もしている築100年の戸建を生活保護に貸す人)は職人に騙されて前払いし、300万円払ってとんずらされてます。

 

まとめ

まずは、自分の特性を知ることが大事です。
最近の就職活動では自己分析と言い、それがキチンと出来ている方でないと人気企業からの内定が貰うのは難しいです。

まずは己を知ることが投資の第一歩だと思います。