皆さんこんにちは!パテント大家ATSUSHIです。

 

本日は、「大家自ら入居者募集可能なサイトで入居者を募集してみた結果・・・」というテーマで、私のこの繁忙期における経験を綴りたいと思います。

 

大家自ら入居者を募集できるサイト

 

最近、大家さん自ら入居者を募集できるサイトがじわりじわりと流行っている印象です。

 

私の場合、当初としては有名どころのサイトA(「近所に住む人同士で物品を取り引き可能」をコンセプトとするサイト。賃貸不動産の取り扱いもあり。)とサイトB(賃貸不動産に特化したサイト)への掲載を試みました。

 

ただ、サイトAに関しては、割と業者による登録も多く、実際に私の物件の客付け会社も業者として広告掲載していたため、私自身での掲載も結局のところ同じになると考え、掲載は見送りました。

 

そこで私は、サイトBのみへの掲載を行うことにしました。

 

最近、徐々に勢いを伸ばしている印象のサイトB。テレビコマーシャルも投入しているようです。さて、このサイトBのシステムとは、どういうものなのでしょうか?

 

このサイトでは、大家は「無料」で物件情報をサイトBに登録・掲載することがきます。そして、仮にサイトB経由で入居者が決まれば、サイトBが指定する契約担当の不動産会社(当サイトでは、エージェントと呼んでいます)に仲介手数料1ヶ月分を「大家」が支払うというシステムが採用されています。

 

(大家自ら入居者を募集するとは言え、入居者の審査や契約は担当のプロのエージェントが行います。そのため、成約に至ると大家からエージェントに手数料を支払うことになります。また、間にプロが入るこの点は、入居希望者さんに安心感を与えている、ということのようです。)

 

その一方で、入居者の仲介手数料は「無料」となります

 

つまり、サイトBにおいては、

大家にとっては余分なAD(広告料)を抑えつつ、大家自ら入居者の募集ができ、

入居者さんにとっては仲介手数料が無料なため、入居にあたっての初期費用を抑えることができる

という双方にとってのメリットがある

そんな効果を謳ったサイトになります。

 

ただ、私のように管理会社に物件の管理をお願いしている場合、サイトB経由で大家自身による契約が成立してしまうと、管理会社にとっては本来得られるはずの手数料などの報酬が発生しなくなります。そうなると管理会社としても、当然面白くありません。

 

ということで、例えサイトB経由で、大家である私が自分で入居者を確保し、管理会社を一切介さずに契約した場合であっても、私は繁忙期の募集期間に広告を打ってくれる管理会社にも、色々とサポートを受けることになるということで、所定のサポート料をお支払いする約束を行い、事前に当サイトへの掲載の許可をいただくことにしました。

 

(本サイトに登録・掲載する場合、事前の管理会社への相談は、その後の関係性を良好に保つためにも必須と思います。)

 

また、このサイトBにおいては、単に物件の情報のみならず、大家さんの趣味や経歴、物件に対する思いなど、かなり詳細な大家のプロフィールを載せることが可能です。

 

そのため、サイトBにおいては、入居希望者自身が、

大家さんがどういう人なのか

○○な趣味を持つ大家さんの物件に住みたい

そんな視点で物件検索もなされることがあり、

従来においてはあまり見られない入居判断のパターンがある

のです。

 

確かに、入居希望者側のメリットとして、

自分と趣味が合う大家を見つけることが可能!

大家さんに直接交渉が可能!

とサイトBは謳っており、

これまでの常識とは違い、

大家と入居希望者との距離をかなり近づけている部分があるのが非常に特徴的

だな、というのが私の中での印象です。

 

私は今回、そんなサイトBに、自分の物件情報を登録・掲載し、客付けを試みてみることにしました。

 

そのサイトBでの反響の実態は?!

 

私はこの繁忙期、神奈川県藤沢市の物件の一室のみサイトBに掲載しておりました。

 

そのサイトには、今年の1月中旬から掲載したわけですが、このサイトではこれまでの閲覧数と問い合わせ数のデータが大家に開示されているため、まずはそのデータを以下に示したいと思います。

 

【1月の閲覧数・問い合わせ数】

閲覧数→28

問い合わせ数→0

 

【2月の閲覧数・問い合わせ数】

閲覧数→67

問い合わせ数→0

 

このように、1月、2月は全くパッとしませんでした・・・

 

そのため、個人的には正直、このサイト経由での契約は多少諦めていました。

 

ところが・・・3月になると一変します。

 

【3月の閲覧数・問い合わせ数】

閲覧数→216

問い合わせ数→3

 

なんと、やはり繁忙期のピークなのか、3月は2月の3倍以上の閲覧があり、問い合わせについても「3件」もありました。

 

ちなみに、問い合わせのやり取りは今流行りのラ○ンのようなシステムで、入居希望者さんからコメントが届き、コメントのやり取りができます。具体的には、ラ○ンのような吹き出しのデザインにお互いのコメントのやり取りが表示され、既読かどうかも表示されます。

 

さて、サイトB経由で問い合わせがあった私の物件。その後、どうなったのか?

 

結論から言いますと、私はこのサイトBを活用し・・・

 

上述の3人の問い合わせの方のうちの、ある1人の方と、

無事、契約を交わすことができた

のでした!

 

この繁忙期において、通常の元付会社・客付会社経由の内見はいくつかあったものの、入居者が中々決まらないまま4月に突入してしまった藤沢市の物件。

 

私の中でかなり焦りはありましたが、無事にこのサイトB経由で契約にこぎつけることができたのでした。

 

本日はコラムがやや長くなってきましたので、このサイトを使ってみての具体的なお話(メリットやデメリット、契約までの具体的な流れなど)は、次回以降のコラムでお伝えしようと思います。

 

しかし・・・

この繁忙期、中々一室が決まらず、かなり気苦労はしました。。。

 

そんな中、このサイトが使えるサイトであることは肌で感じましたので、もし興味がございましたら、引き続き、コラムにお付き合い頂ければ幸いです。

 

以上、本日は、「大家自ら入居者募集可能なサイトで入居者を募集してみた結果・・・」というテーマで、私のこの繁忙期における経験を綴らせていただきました。本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!