2度目の訪問、前回はエントランス前で挨拶だけでしたが…

2016年に購入した大阪の格安区分物件。

以前コラムにも書いた気がしますが(記事を探したましたが面倒になって途中で止めました…)

4番手の買付だったにも関わらず、1~3番手の人が全く土地勘が無くてトンチンカンな質問や要望ばかりで営業さんがうんざりしていたところで私にまわってきた物件です。

東京の不動産屋さんで管理する気も全く無さそうだったので、自主管理にして購入後すぐに入居者さん(母親と同じ年齢の女性)挨拶にいくも、エントランス前で立ち話して

「んじゃジムに行くわー」と自転車でさっそうと去ってしまい、その時は置いて行かれてしまったのですが…

今年の年賀状の返信で、ちょっと小さい不具合がありそうな内容と体の調子がちょっと良くないような記載があったので、健康状態の確認!?と部屋の中を見れると思って工具や水栓部材などを持って行ってきました。

楽○スーパーセールで手に入れた格安夜行バス往復(体力的に厳しいのですが、3列シートで安かったのでいいかなと…)

んで。

16㎡の部屋に物が溢れて…

自分の母親もそうなのですが、なんであんなに物を溜めこむんでしょうか…

それなりに整理はされているのでゴミ屋敷ではありませんが、物が溢れて通路も狭くまともに歩けない状態。慣れちゃうんでしょうね。

最初に思ったのは、何かあったら残置物処理が大変だな…

ちょっと体調がよろしくなかったのは、ジムでムリしすぎて脱水症状になったとか・・・おいおい(汗)

自分でも言ってましたが年齢考えてほどほどにしないと…ただ止めてしまうと一気に体力が落ちるので程よく続けていけばいいねーなんて話をしつつ、

息子さんや娘さんが定期的に訪問しているということと、管理人さんとも毎日のように顔合わせて話をしているとのことなので少し安心しました。(これを聞き出せたのは大きな成果かなと)

事前に網戸が壊れているということだったので、事前にコー○ンで部品を買っていって修理。

あとはお決まりのパッキン交換ですが…

空室じゃない状態でやるのは初めてでした。(この汚さも平気なんですね…)

あとは自転車も修理して「また来るねー」でお別れしました。

まあ、退去はしないでしょうね。しばらくは大丈夫そうです。

ということで次は大阪(ミナミ)滞在でのあれこれをちょっと報告します。