不動産投資の基礎知識から実践ノウハウまで
役立つ情報を毎日更新!

収益物件数No.1 不動産投資のことなら国内最大の不動産投資サイト「楽待」

不動産投資
コラム数

No.1

掲載コラム数

26,688

【実践大家コラム】3月の収支公開です。3月は、一気に4戸の退去が発生しました。

キャッシュフローや経費率は?

本コラムは、実践大家コラムニストが執筆したコラムです。
文章、写真、画像、イラストおよびデータ等、執筆者の責任において作成されています。

月間の収支。

毎月お伝えしている月間収支です。3月度はどうだったでしょうか?先月度の成績発表です。収支・経費率などの数字を見ていきます。

 

3の成績表。

3月の成績を振り返ってみることにします。

まずは数字を見ていきましょう。
全7棟の収支です。

 

■前提条件

・中古木造ばかりで、単身者用ばかりの65戸(7棟)
・全7棟の借金は終わって、無借金状態です

融資返済が無い分だけ、経費と利益などの運営状況が分かりやすいと思います。ダイレクトに収支などが分かるので。

 

 

■3月の収支データ

賃料収入:2,516,527円
     (先月比 99.9%)

支払金額:461,224円
     (先月比 34.1%)

キャッシュフロー(単月):2,055,303円
     (先月比 176.6%)

キャッシュフロー(年度累計):5,633,572円

 

 

となりました。

 

3月のキャッシュフローは206万円となっています。

前回は4棟目アパートの大規模修繕工事の着工金として115万円を支払ったのでキャッシュフローが目減りしていました。今月は大きな影響もなく、通常のキャッシュフローとなっています。

 

3月の通常支払の合計は46万円でした。単純に割り算すると、経費率18.3%になります。

(減価償却費も入っていないし、その他、いろいろと厳密には違いますが)

 

3月は退去となった4部屋の原状回復費や広告費が少しだけ計上されています。大半は4月請求となるのですが3月にも20万円程度は経費として乗っかっています。

4月には4部屋分の経費がドカンとくるでしょう。4棟目アパートの外壁塗装の残金も支払うでしょうし、キャッシュフローは大きく目減りしそうですね。そして5月、6月は固定資産税を払う月になります。大きな出費が続く月になってきました。いつも通りのキャッシュフローもしばらくお別れになりそうです。

 

 

入居状況。

3月の入居状況は4戸空室でした。

2月は満室達成と喜んでいたのも一瞬ことで、3月中に4戸の退去が発生しました。3月は毎年多いですから覚悟はしていましたが、やっぱり嫌なものですね。ただ、需要も多い時期なので決まるのも早いです。既に3戸の申し込みを頂いており、現時点では2戸が入居済みで1戸はまもなく入居となります。あと1戸が決まれば満室に復帰です。ということで現時点(4月13日)での状況は65戸中2戸空室で、空室率3.1%ですね。

 

5月で満室になっていると嬉しいんだけどなぁ、、、原状回復も完了しているし、あとは1部屋を決めるだけですから頑張りたいと思います!

 

3月、4月の入居付け。

やっぱり、繁忙期の入居付けは決まるのが早いですね。その力には驚きます。

今回は3月に退去するという連絡が4件入っていました。その内訳は埼玉1戸、東京3戸です。ですが、そのうちの3戸で退去前に入居が決まりました

東京1戸だけ決まっていませんが、これも申し込みが入ったのがキャンセルになったのでした。惜しかったです。3月は出るのも多いけど、決まるのも早いというのが感じられます。部屋を見ずに決める方がこれだけいるということですから。

 

ただ、退去する前に入居が決まるということは、、、大家としても部屋の状況を見ることができません。次の方の入居日までに原状回復工事が終わるかビビっていました(笑) とりあえずは必要になりそうな業者さんの手配を事前にやっておくことが重要となります。でも、フタを開けたら2部屋が惨状のような状態でした・・・。仕方がないから自分もリフォームに参戦して間に合わせました。とりあえずは間に合ってよかったですw

 

以上、3月の収支を振り返ってみました。
今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

この記事は役立ちましたか?

関連記事

楽待会員のみご利用になれます

会員登録(無料) ログインする

コメント {{ comment_count }}

この記事にはまだコメントがありません

ガイドラインをお読みになった上で
あなたの意見や感想を投稿してください

PR

ページ上部に戻る