こんにちは。

今回のテ-マは、『ついに、新築も頭金が必要になる』です。

 

中古物件については、スルガ事件以降、どこの銀行も初心に戻り、購入金額の2割の頭金(自己資金)がスタンダードになりました。

それだけには、止まらず、土地持ちの新築にまで、頭金を要求する銀行が増えてきています。

まぁ、冷静に考えたら、中古でも、新築でも、同じですもんね。

いや、新築の場合は、土地があるから違うけど…。

 

資産家と言えども、1億円の新築費用の2割、2000万円を現金で用意することは、容易ではありません。

ハウスメーカーの営業マンも困っていました。

土地持ちの方への融資は、スルガ事件前までは、フルローンやオ-バ-ローンは、当たり前でした。

一気に、銀行の方針が変わってしまいました。

 

ただ、新築の契約数自体は、それほど減少していないようです。

新築の着工数が減少していると言うことです。

言い換えれば、新築を着工するまでに、期間がかかるようになったのです。

頭金が必要なので、一部土地を売却するケ-スが多いようです。

かなり安くない限りは、売却まで相当の期間を要します。

要するに、一部の土地が売却できるまでは、新築工事の着工が出来ないことになります。

 

建物の請負契約は、出来ているのに、工事着工ができない…。

一昔前は、融資関連で、たまにありましたが…。

最近は、また増えてきているようです。

 

私も相談を受けることが多い案件の一つを紹介します。

土地の一部を売却するケースや他の所有する土地を売却して、キャッシュを作り、頭金にする案件が増えてきています。

まずは、計画プランを作り、どの部分を賃貸住宅にして、どの部分を売却するか、決めないといけません。

売却する土地は、どの土地でも良いわけではありません。

今まで先祖代々所有してきた、土地を処分するわけですから、所有者さんも相当な思い入れがあります。

 

また、売却需要のない土地を売り出しても早期売却が出来ず、困ります。

親族会議を経て、計画自体がとん挫することも、少なからず、あります。

先祖代々の地主の家系でも、兄弟や親戚の目もありますので、好き勝手に土地を売却できるわけではありません。

フルローンで借入ができた頃は、こんな心配はしなくても良かったのですが…。

時代の流れとともに、融資事情も変わってきますね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました😊