約半数が再雇用を選択

こんにちは。築古大家トムです。

少し年上の私の先輩たちが次々と定年を迎えています。

ひと昔前まで定年といえば退職を意味していました。

しかし、最近は定年以降の継続雇用をする会社が増え、定年イコール退職ではなくなってきています。

私の勤務先では、給料が半分になっても約半数が再雇用を選択しています。

退職を選択しても、大半の人は別の会社への再就職をしています。

かつてのように隠居をする人はごく一握りに過ぎないというのが私の印象です。

稼がなければ生きてゆけない

定年後も働き続ける理由。

ひとつには昔と違い60歳になっても、まだまだ心身ともに若いということがあります。

還暦がお年寄りを指す時代ではなくなったのです。

働き続けるもうひとつの大きな理由は年金支給開始年齢の先送りです。

会社を60歳で定年退職しても、年金を受け取れるのは数年先で、当面の生活を考えると、稼がないわけにはいかないのです。

先日退職した先輩はフランチャイズの配送業を始め、退職金のほかに年200万円ほどの所得で生計を立てる予定です。

「選択の自由」

定年退職が「ゴール」「あがり」といわれる時代は終わったようです。

このような時代だからこそ、不動産投資は大きな関心を集めているのでしょう。

賃貸経営はひとつの事業なので、決して隠居ではありませんが、再雇用のサラリーマンに比べて経済的自由があります。

時間もそれほど拘束されません。

そして不動産所得で何よりもうれしいのは、自分の進む道を決める「選択の自由」が持てることです。

定年後、再雇用で働いてもよし、新しいビジネスを起こしてもよし、自由な日々を楽しんでもよし。

「あがり」なき時代、サラリーマンの生き方が大きく変わってくるなかで、不動産投資はますます脚光を浴びるように思います。