こんにちは!お久しぶりになってしまいました。福島大家です。

相も変わらず忙しいサラリーマン業と家庭のもろもろ・・。

隙間の時間に、根性で不動産活動を頑張っています!

さて、今回は「初めての物件購入」をテーマに書いてみたいと思います。

1回目のコラムに書いた通り、僕が不動産投資に出会ったのは2016年7月の事。そこから勉強と物件探しを始めて、実際に物件を購入できたのは2017年9月でした。遅い方ですよね・・?

では、物件購入までに僕がしていた事を挙げてみたいと思います。

注)意外性はありませんよ笑。あしからず。

①不動産本を読む。

②インターネットで物件を見る。勉強する。

 ・メール登録し、物件情報を自動送信されるようにする。

 ・実践大家コラム等を読む。分からない言葉を調べる。

 ・音声教材を入手し、通勤時等に聞く。

③不動産屋さんに行く。

④物件を見に行く。

➄商工会議所の相談会に行く。

⑥セミナーに参加する。

⑦銀行に行く。

この7つです。

(⑧「投資仲間に相談する。」)は、ありません。残念ながら、不動産の先輩や仲間との出会いが無かった為、独学です。

では、ひとつずつ説明しますね。

①不動産本を読む

誰でもしている定番の行動ですよね。僕もボロ物件・高利回りの本(著者名はNGでしょうか?)をはじめ、物件購入までに20冊ほど購入して読みました。

本の中で、楽待、〇美家、〇ットホームを知り、インターネットにも繋がります。

ちなみに、僕はもともと読書は苦手なので、1回読むと繰り返してはなかなか読めません。疑問点が浮かんだ時に引っ張り出して見直すぐらいです。

②インターネットで物件を見る。勉強する。

物件については自分では時間が取れずネット検索はしていません。自動送信メールで毎日3件ぐらいの情報が届くので、購入までにのべ1,000件位の情報を見たのだと思います。

ちなみに、僕はITの事も疎いので、充分活用しているかと言うと、全然できていません笑。

③不動産屋さんに行く。

本の中では「電話帳を見てローラー作戦!」と書いてあったので、仕事では営業などした事もない僕ですが、勇気を出して不動産屋さんに飛び込んでみました。

本の知識だけを鵜呑みにして、内心では利回り20%超え、と言いたい所をぐっとこらえて、

僕「あの・・・15%を目標にして探しているのですが・・・、ありますか?」

業者さん(あー、はいはい、多いです、そういう事言う人、という顔で)

「うーん、10%行けばいい方じゃないでしょうか。そんな物件あったら私も欲しいですね。」

そんなやり取りで、10軒ほど訪ねてみましたが、良い物件には出会えませんでした。

この方法は効率的ではないと感じたので、次第にやらなくなりました。

④物件を見に行く。

実際に購入する迄に、戸建てや1棟アパートを合計37戸見に行きました。

情報メールで気になった物件について、細かい住所が分かれば直接行き、分からない時は、業者さんに連絡して詳しい情報をもらい、時には一人で、時には業者さん同行で見に行きました。

最初の頃は、「この物件を買ったとしても、運営なんてできるのかなぁ・・?」

と思いました。

それが、何軒か見ているうちに、「もしかして行けそう・・?」に変わり、

思い切って買い付けの意思を伝えると、「実は既に一人申し込みされていまして・・。」との返答。

その頃には、自分でも「買い付けの判断もいい線まで来てるな・・ニヤリ。」となり、買う気マンマンになっています。

(いわゆる、「買いたい病」の時期なのですね・・笑。)

物件調査で25軒ほどの不動産屋さんに会いましたが、最初の飛び込みと違い、物件運営の事なども教えてもらえるので、こちらの方がはるかに有意義です。

➄商工会議所の相談会に行く。

本もネットも苦手で、何のとりえも無い僕ですが、この辺りが”強み”なのかも知れません。行動派と言うよりは慎重派なのです。

僕の地元では起業を検討している人を対象に、商工会議所で、起業や経営・税務について、「無料の」(←ここ重要です)相談会を開いています。

初回の相談では、「個人で不動産賃貸業を行う事は無資格で良いのか、現在の市場はどうなのか、実際に事業として成り立つのか?」等と質問しました。

その後物件を買う迄にもう1回、買った後に確定申告の事などで3回お世話になっています。

⑥セミナーに参加する。

僕の場合はセミナー参加=物件のセールスがある、と最初から警戒しており、勉強と言うよりは、仲間探しを目的に参加しました。

購入までに4回参加したのですが、地方の為か、参加者が僕ひとりだったり、せいぜい4人ぐらいで、残念ながら仲間は出来ませんでした。

ただ、ボロ物件・高利回りで有名なあの方(名前NG?)のセミナーでは、僕より年下の20~30代の方々を中心に100名ほど参加し、自己紹介コーナーでは半分以上の方が「アパート〇棟、戸建て〇棟所有しています。」と話されていました。一見普通の若者が不動産投資家なのかっ!、と大いに刺激になりました。

福島から東京に出向き、有名大家さんの無料面談を受けてみたりもしました。

⑦銀行に行く。

1棟目は現金買いを念頭にしていたのですが、融資の道は有るのかを確認しに、銀行にも行きました。

具体的な物件も無い状況ですから、物件が出た時の申し込み方法を教えてもらう程度で話は終わりました。

こんな作業を繰り返して、ようやく1棟目の物件を絞り込み、交渉までこぎつけました。

読み返してみると、実に面白くないコラムですね!笑

でも、大事な時間とお金を使って、失敗は許されませんから、1年かかってしまったのもアリかな、と自分で思いました。

また、余談ですが、毎日の生活にもっと余裕があったなら、不動産投資には取り組んでいないと思います。毎日の生活に余裕が無く、これからの人生を変えたい、と思うからこそ、根性で頑張れるのです。実際、同じ背景で不動産に取り組んでいる方も多いと感じます。

・・・オチはつけられませんでした笑。

以上が、それなりに仕事が忙しく、それなりに家庭もある僕が初めての物件を買う迄にしていた事です。平均的な内容かな・・と思いますが、どなたかの参考になれば幸いです。

次回は、物件購入を決める基準を書きたいと思います!