こんばんは。

 

シェアハウスに少しだけ進展があったので、報告します。

 

 金額の折り合いがどうにかつきました。

 

 5500万円→4500万円に下がったところで買い付けを3900万円で入れました。

① 4200万ならOKとの返事。

② それでは買えないと返答

③ 4000万までしか下げられないとの返事

④ 最終的には間をとって、3950万円+仲介手数料25万円引きという形で決着しました。

 

金額を頑張って下げてもらったからには、キッチリ融資を獲得して進むだけのつもりでしたが・・・。

 

融資は?

融資の依頼金額 4500万円(本体価格+リフォーム代)

 

融資のなんとなくの内諾は得ていたので安心していましたが、事前稟議では銀行として前例がないことを主な理由として厳しいとの回答がきました。

 

担当者はそれでも前向きに検討してくれていて本店などを説得する材料が必要とのことでした。

 自分の考え

個人的な話の持っていきかたとしては、

① ほぼ土地値の物件

② 市内では好立地

③ シェアハウスとして居室10−12畳+天井高、広い共用部などで住み心地が良く、県内に競合する物件はほぼないのでブルーオーシャンではないか

④ 耐用年数切れであり、減価償却をうまく使えば、個人の不動産収入を赤字にでき、税金の還付が返済の原資になりうる。

 

①である程度担保がとれており、④も間接的には返済の原資になりうるので返済に滞るリスクも少なく、仮に返済に困窮しても、銀行のリスクは限定されているのではないか。また②、③はかなり強みとして機能するのではないかと考えており、そのようにお伝えしていました。

 

 銀行の考え

銀行としては、収入をしっかり担保してほしいとのことでした。

①シェアハウスの融資をする前に、企業の一括借り上げなどの保証があれば良い。

②地方でシェアハウスの運営が成功している事例を示してほしい。

 

銀行の気持ちはわからないわけではないですが…。

 新しいことを始めるのに多少のリスクはつきものなので、完全に安全というものはあり得ないはずなのに、前例がないことを理由に一蹴するのは如何なものかと。銀行として、しっかり新規事業の実現可能性を評価しないでどうするんだとすら内心思っています。

 

 担当者は、自分の気持ちを含めて理解してくれていますが、再度お願いすると、

「期待しないで待っていただけるとありがたいです。」

となんとも手厳しい回答がありました。

 

このままでは、厳しい印象なので頭金とかを入れればどうですかと聞いてみると、

「もちろん頭金があれば違いますが、必ずしもそういう問題でもないんですよね。」

との回答でした。

 

 

やはり、シェアハウスというその銀行にとっての新規事業をどう捉えるかという問題が大きいようです。

 

 個人的には、この状況でも担当者がどうにかしてくれるのではないかと期待していますが、もし難しいときの対応も念頭におかないといけないのかなと考えています。

 

対策

 

① 頭金をもっと入れるので、再度同じ銀行と交渉。

② 他行に融資を依頼する。

③ 売却に出している物件を早期に売り切り、手持ちも含めて現金をかなり入れる。

④ 諦める

 

個人的には、①→②番の順番で考えていて、④は絶対にないようにしたいと考えています。③は時間的にうまく売れる可能性が厳しいのですが、①、②が厳しいときは選択肢に入ってきてしまいます。完全にカツカツになるので

完全に奥の手ですが…。

 

 ただ、1週間後に契約予定ですが、融資特約の期間をどこまで引き伸ばせるかがポイントのような気がしています。

 

 某コラムニストさんの鉄骨渡り顔負けのギリギリな感じもありますが、きっちり渡りきって、いいシェアハウスに仕立てたいと思います。

 

 まだまだ、購入できてからも課題山積ですが…。

 

どんなコンセプトにするかとか、対象をどうするか、家賃設定をどうするか

運営はどうするか、ルールづくり、募集は大丈夫?

 

 兼業でどこまでいけるか不安もありますが、楽しみな自分もいます。

 

 今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

とりあえず、まずは融資ひけるように頑張ります。