みなさまこんにちは!

ストレージ大家のひらです。

私の投資の目的は

“経済的呪縛から解き放たれること”

です。
その方法論として”セミリタイア”を選んでいるのが”今”です。

しかし、この方法を取れたのは、
私が身軽な身だったからなのは間違いありません。

もっと重荷を背負っている人であれば、
私と同じことをするのは難しいでしょう。

しかし、実はここをクリアする明確なやり方があります。

一番安全な人生の”上がり”方です。

奥様、両親、理解ない周り

もし今の仕事を辞めてしまいたい。

そう、思ったとしても。

私のように根っから投資とか自営とか平気だったり、
周りがそれに慣れている、あるいは理解している人間ばかりではありません。
むしろ、それは幸運でしょう。

一度、根っからのサラリーマン家庭の人が、
さらにそういう家庭で育ち学歴を身につけ良い会社に勤めていて、
奥様もそういう環境で育ってきた人ともなれば、
自分もさることながら周りもついてこないことでしょう。

ましてや”子育て中”、”両親の介護”、もっと過酷な状況などいくらでも考えられます。

実際、そういう環境の方は珍しくありません。

例えばそういう環境や周りの人たちがいる中で、
仮にサラリーマンよりもっと稼げる能力があったとしても、
理解はされません。

その”可能性がある”ことより”そうならない可能性”の方にしか頭は回らないでしょう。

“理解される”ことはありません。
“応援”されることはあっても。

一番安全で周りにも理解される”上がり”方

そういう根っからの会社員家庭にいる方でも、
周りが納得できる辞め方が1つあります。

それは、

“生涯獲得賃金”

会社を辞める前、引退する前に、得てしまうことです。

生涯獲得賃金はいくら?

生涯獲得賃金はもう人によって違います。

一般的には中卒や高卒だと2億前後、
大卒で3億前後程度がよく言われます。

しかしそういった自分の能力的なもの以外に、
そもそも人生にいくら必要か?はそれ以上に違いますね。

では仮に3億必要だとして、
今の年齢ももちろん大きく関係があります。

例えば年齢的に残り1億稼ぐのであれば、
その人の生涯獲得賃金は1億である訳です。

生涯獲得賃金を得ればなぜ”上がり”なのか?

この1億を手に入れると、なぜ”上がり”なのでしょうか?

逆に、それでは足りないという人ももちろんたくさんいます。

しかし、それでは、その先真っ当に働いて真っ当にそのお金を手に入れても、
それではお金は足らない、生きていけないと言っていることになりますよね。

会社員が安定だと思ってその給料を当てにしているのであれば、
今から会社を去るまでに稼ぐお金が今目の前にあればそれは同じことのはずです。
矛盾か錯覚をしていますね。

生涯獲得賃金の難しさと利点

ただ、生涯獲得賃金を一度に手に入れてしまったなら、
そのお金を減らさない”能力”も必要です。

もちろん大判振舞なんか持っての他ですが、
お金に群がる魑魅魍魎から守る力、
“平常心”もより必要なのです。

しかし利点もあります。
それはその1億から”安全に”お金をうることです。
お金に働かせることです。

まさにここが投資家としての世界ですね。
もちろん生涯獲得賃金を傷つけてしまうことは最低避けねばなりません。
その可能性があるようなことをしているうちは、実は生涯獲得賃金を得てもまだ”上がり”ではありません

生涯獲得賃金を目指す

実際、私の身の回りには、
生涯獲得賃金をえることで周りを納得させるべく動いている人が実際にいます。

“一番安全な引退方法”

ですね。
そして、それは、そう遠くない将来、実現すると私も思っています。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!