こんばんは、空き家再生大家こたろうです!

先日ですが、前回のコラムにて紹介させて頂いた、タダ同然で貰った物件の内見に行って参りました。

そこで今回は、タダ同然物件の状況と残置物撤去の方法に関して共有したいと思います。

タダ同然で物件を取得した経緯に関しては、前回のコラムをご参照下さい。

 

まずは、物件の概況から

 

今回の物件は、千葉県にあり、京成沿線の某駅から徒歩8分の物件です。

築40年程度の2DKで、残置物はあるものの、撤去費用は買主負担です。

不動産屋さんからは、

「荷物は多いですが30万円程度で何とかなるんじゃないですかね?」

と言われてましたが、これまでの経験上2DKの不用品処分はそんな安くできないだとうと思っており、それなりに覚悟はしていました。

 

部屋内部の写真公開

 

玄関をあけた瞬間、

 

「物多すぎやろ!」

 

思わず、叫んでしまいました。

 

 

普通に生活していたら、あるはずもない工具等もあり、相当な手間がかかりそうな感じでした。

 

恐る恐る扉を開けてみと、

 

 

うわー!

 

 

 

こりゃあかんですね。

 

 

 

こんな散らかってますけど、いちおうリビングダイニングですけど。

 

次は、寝室です。

 

 

ベットがそのままですが、なぜかマットレスはありません。

 

 

 

寝室とは思えない部屋です、、。

 

残りは、和室です。

 

ここまで来れば、何が起きても動じません。

 

 

トイレにも荷物がありますねー。

 

 

更に棚を開けると、、、。

 

 

荷物が、あること、あること。

 

残置物処分の方法

これだけ、山盛りの荷物があれば、一般の不用品処分の業者さんにお願いすれば、とうてい30万円では済まないだとう。

なんて思っていた際に、経営者仲間で趣味でリフォーム・不用品処分・住宅設備工事を行っているIT社長の存在を思いだしました。

彼に頼めば何とかなるかもしれない。プロではないけど、DIYの域を超えた腕前だった気がしています。

写真を送付した上で、何でも屋の彼に電話してみました。

こたろう「こたろうです。以前、タダでもらった物件の話をしたじゃないですかー」

IT社長「あー、あれね。2つで350万円のマンションでしょ?」

こたろう「時間あれば、再生の手伝いをお願いしたいんですが。当然、費用はお支払いしますよ。」

IT社長「これ位なら、10万円でいけると思いますよ」

こたろう「本当ですか!?お願いします!!」

IT社長「ゴールデンウイーク明けに2日かけてやります」

という訳で、いちおう10万円で残置物の処分をお願いすることができました。

本当に10万円でできるのか、どれ程度きれいになるのかは、後日共有させて頂きたいと思います。

 

コラムニストの方でも、不動産関係の専門家の方々との関係構築をされている方も多いのですが、意外と不動産関係以外の方とのネットワークが不動産賃貸業にプラスになったりします。

今回の何でも屋さんは、本業はIT屋さんで、モノをいじるのが好きでリフォームをマージンなして請け負っています。

他にも、外国人を雇用している企業の経営者とも親交があり、所有している物件を不動産屋さんを通さずに、直接その法人に賃貸しています

 

現地調査の話からそれてしまいましたが、不動産関係以外の方とも積極的に交流することで、事業の幅が広がることもありますので、参考にして頂ければと思います!!