50代から不動産賃貸業を始めた、

会計士大家です。こんにちわ。

「第2号物件」で事案発生。

長年お住まいいただいている

ご入居者さま。

家賃滞納が恒常化していて、

現地の管理会社ご担当さんも

対応に苦労していたところで、

昨年末に滞納も解消して、

やれやれ、と思っていた矢先。

こんどは、お部屋のゴミを

大量に分別されずに放置される

という事案発生。

ゴミの内容をチェックしていただいたところ、

当該ご入居者さまである旨を特定。

ゴミを放置するわけにいかないので

まずは撤去を急ぎ、

コスト数千円を

大家が立替払いすることにはしましたが、

これは当該ご入居者さまに

ご負担いただくのが筋ですので、

ご請求を管理会社経由でお願いへ。

夜のおしごとの関係もあってか、

連絡がとれずに苦慮しております。

せっかく「満室経営」中なので、

退去通知は避けたいところ。

管理会社に上手く立ち回ってもらって

当該ご入居者に負担いただければ(→無罪放免)

と考えております。

固定資産税納付書が届かないんですが・・・

横浜市の「第1号物件」を皮切りに、

各自治体から

「固定資産税納付書」が

郵送されてきて、

第1期納付が4月末日期限(=2019年5月7日納期限)

なので、粛々と納税しております。

・・・アレ?

「第3号物件」の埼玉県深谷市から

来てないことに気づき。

今週になってもこないので、

市役所(資産税課)にでんわしてみました。

会)「ほかの自治体から来ているのに、おたくのところが

・まだなんだけど?」

役)「連休明けの5月7日以後の発送を予定しています」

会)「納期限を過ぎちゃうけど、大丈夫ですか?」

役)「深谷は5月末が第1期の納期限なんです・・・」

・・・ナットクしました。

長年、会計・税務を生業にしていながら、

自治体によって納期限が違うことに、

はじめて気付いた次第。

勉強になりました。

「法人事業概況説明書」を作る

不動産賃貸業法人の第2期決算を

4月末日に控えて、

法人税・事業税(法人住民税)・消費税の申告を

連休明けに早々に済ませられるように、

準備を進めています。

税金申告書や決算書は「freee」を利用しているので

サクサクっと作成可能。

ただ「法人事業概況説明書」が装備されていないのが

ネックで。

「法人事業概況説明書」の様式。事業内容から売上・仕入の月別内訳まで、税務調査の参考事項が網羅されている

いままでは国税庁サイトから

PDFを印刷して

手書き作成していましたが、

手間がかかるので、

今回はエクセルファイル書式のフリーツール

利用してみました。

提出は努力義務とはされていますが、

これをつける、つけないで

(あるかもしれない)税務調査のときの

対応のしやすさが、変わることはありえます。

決算・申告を専門家に外注している大家さんが

ほとんどだと思いますが、

この「法人事業概況説明書」を書いてもらって

税務署に提出しているかどうか、は

依頼されている

税理士先生に確認されたほうが

よろしいかと思いますよ。

それでは、また。