こんにちは。

 

今回のテーマは、「オンリーワンの賃貸経営で勝ち組に!」第2弾です。

 

まだまだ、オンリーワンの賃貸経営で満室を続けている大家さんは、たくさんいますので紹介します。

 

⑴ 無料ウォーターサーバー付き物件

今流行りのウォーターサーバーですが、ウォーターサーバーを無料で提供している大家さんがいます。

家賃は、少し相場より高めですが、ご自身でウォーターサーバー会社の代理店になることで、安く提供できるとのことです。

子育て世帯には、人気の設備ですね。

火災保険の代理店になるのと同じ感じで、大家さんにとっては、手数料収入でランニングコストを削減することができます。

 

⑵ ゲスト用駐車場付き物件

基本的に、日本の賃貸住宅は、その賃貸住宅に住む方の分しか駐車場がありません。

土地が狭い日本では、仕方ないことなのかもしれません。

しかし、賃貸住宅でもお客さん(ゲスト)は、来ますし、宅配便も来ます。

自分の駐車場スペースに、他の車が停まっているといったクレ-ムや、親が地方から来るので、車を停めたいなどの相談は非常に多いのです。

この大家さんは、入居者のゲストや宅配便の業者さんが駐車スペースに困らないように5台分のゲスト用駐車場を無料で用意しました。

分譲マンションでは、たまにあるようですが、賃貸住宅では、珍しいので、友人がよく遊びに来る世代には、人気の共用スペースです。

 

実は私の所有する物件にもゲスト用駐車場が4台分あります。

最寄りの駅から近いので、月極駐車場も考えましたが、目先の利益よりも、入居者さんの満足度を上げることにしました。

その成果かどうかわかりませんが、16年ほど、ほぼ満室経営になっています。

 

⑶駐車場カ-ポ-ト付き物件

持家の人は、ガレージを作ったり、カ-ポ-トを作るのに、賃貸物件の駐車場は、青空駐車場が多いのが現状です。

そんな疑問から、この大家さんは、20台ある駐車場のうち10台分の駐車場をカ-ポ-ト付きにしました。

カ-ポ-ト付きは、月額5,000円ほど高いのですが、カ-ポ-ト付き駐車場から決まっていきました。

賃貸物件にお住まいの方も、車好きは多いはずです。

また、雨の日は、青空駐車場では傘をさすまでに、濡れてしまいます。

しかし、屋根があれば、濡れずに済みます。

屋根付き駐車場が決め手には、ならないかもしれませんが、一つの要因にはなったかもしれません。

 

ちょっとした差別化をすることで、満室大家さんになることが出来るかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます😊